胃腸の調子良くなる方法!ピロリ菌撲滅と消化吸収率UPの秘密

日本では毎年12万人が胃がんを発症する。胃がんによって毎年5万人が亡くなっている。

胃がんの原因と言われているのはピロリ菌だ。ピロリ菌は慢性胃炎をひきおこす。胃のむかつきや胃もたれを甘く見てはいけない。胃が荒れると粘膜細胞の遺伝子障害を誘発する。胃がんのメカニズムだ。

お腹の調子が悪くなったせいで「失敗した」という話は珍しくない。下痢・便秘・おなら・腹痛という「弱点」は早めに克服しておいたほうが良い。胃腸を強くするための手間とお金をケチるべきではない。

(1)胃の知覚過敏をなおす

(2)胃に良くない食材をひかえる

(3)腸内細菌の種類をふやす

高額な健康食品は不要です。

 

胃の知覚過敏をなおす

現役医師が書いた『一流の男だけが持っている「強い胃腸」の作り方』(江田証・著/大和書房・刊)によれば、

ピロリ菌を除去したのに胃の不調を訴える人が多いです。

機能性胃腸障害(ディスペプシア)という症状です。

1.胃酸の出すぎ(胃酸への知覚過敏)

2.胃の動きが悪い(胃の運動不全)

3.ストレス(脳からのストレスホルモン)

これらの3つが問題で、胃カメラでは異常を発見できないのに、不調に陥るのが機能性ディスペプシアです。

過敏すぎる胃を養うには実は唐辛子の主成分のカプサイシンが効き目があります。

 

胃に悪い食材を食べない

胃が荒れるのは塩分や脂(あぶら)が原因なので、これらを大量に含まれている食事が胃酸をどんどん出してしまいます。

過剰に胃酸分泌すると、逆流性食道炎や慢性胃炎の原因になってしまって消化吸収率が悪くなります。

胃が荒れていると消化能力が低下するのは当然です。

未消化のまま小腸や大腸に運ばれても栄養吸収が悪くなります。

慢性胃炎が原因で「栄養吸収できない体質」になってしまうと、栄養機能食品のサプリメントを飲んでも効果は期待できないです。

NCI(アメリカ国立がん研究所)によれば、「がん抑制の食品」のナンバーワンはニンニクです。

2位はキャベツで抗酸化物質イソチオシアネートが絶対的な地位です。

ブロッコリーにも抗酸化物質スルフォラファンが含まれており、胃の耐久力を養う効果が期待できます。

 

腸内細菌の種類を増加

腸内細菌は、わたしたちの健康に大きく関わっている。腸内細菌の種類が多いほど、腸の粘膜はバリア機能を発揮する。

栄養を吸収するのは腸です。

腸が健康でなければ、なにを食べても意味がないと申し上げても過言ではありません。

腸内細菌を増加するためには、乳酸菌であればヨーグルトやキムチや味噌などの発酵食品を食べるのが大切です。

ですから、同じヨーグルトを2週間ほど食べ続けて、その後に別のヨーグルトをまた14日間ほど食べて下さい。

これを続けていると最も効き目があって最適なヨーグルトが見つかるでしょう。

ヨーグルトならば一社だけにこだわらないでお試ししてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です