大島てる激白!事故物件の激ヤバ過ぎる真実と見抜く方法を暴露

事故物件に無知だと後悔することになるかもしれません。

自殺や殺人、火災などによって人が亡くなった物件に住むのは怖いですよね。

人が死んだ場所が住まいだんて想像もしたくないでしょう。

こんな物件に近づくだけでも気分が悪くなるし、重苦しい空気と奇妙な雰囲気が本当に恐ろしいです。

不動産業者には事故物件に関する告知義務があるのはご存知だと思います。

住みたいとは絶対に思わないのですが、実は事故物件だという事実が隠されている場合があるとは驚きます。

それを見越して、事故物件公示サイト「大島てる」を活用するのは賢いです。

そこで、管理人の大島てる氏の知識を参考にして、事故物件の見分ける方法と恐怖から免れる対策を解説します。

 

いつまで事故物件なの?

事件・事故が起きた場所がずっと事故物件扱いなら、もう歴史上の事件が起きたところとか、ぜんぶ事故物件になっちゃいますよね?

「大島てる」を実際に見てみると、都心を無作為に拡大してもこの状態(炎のマークが、事故物件や過去に事故があった土地を示します)。

事故や事件が起きてから何年ぐらいまでが事故物件扱いなのか、決まりはあるのでしょうか。

結論から申し上げると、事故物件の告知期間は具体的には定められていません。

法令上は、重大事項はなるべく公言するように心がけなさい!という程度の慣行にしているだけです。

実務上は、賃貸物件の場合、何年間というより、『事件・事故後の最初の入居者に対してのみ告知する』ということが業界標準となりつつあります。

しかし、これも法令として規定されていなくて、過去の判例があったからだけです。

しかも、最高裁の裁決ですらありません。

要するに、事件事故後の次の入居者に対して告知しないで裁判になったとしても、業者は勝訴すると考えています。

なお、たちが悪い業者がはびこっているのが最悪です。

事故物件の見極める方法として「家賃が安い」のが判断材料の一つのはずです。

ところが、家賃を全く下げないどころか、掃除さえしないで貸し続けている大家も存在するそうです。

事故物件で怖いのは、幽霊や心霊現象だけではありません。

それ以上に、『人災や死亡者がいた』という重要な瑕疵や事実を隠す業者や大家が悪行することが恐ろしいです。

最も恐ろしいのは、実は悪知恵を実行する生存している人間だとは皮肉ですね。

事故物件はよくオカルトのネタや死亡者がいるので恐怖すら感じるかもしれませんが、それ以上に「事故物件だとわからずに元の家賃の状態のまま住み続けていることが嫌悪感と恐怖すぎます。

では、悪徳業者や悪徳大家に事故物件で契約されないためには具体的にどうしたらよいのでしょうか。

「事故物件の見抜く方法」が大切です。

事故物件公示サイト「大島てる」管理人・大島てるさん
参考サイト:http://www.oshimaland.co.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です