知らないと危険!ペット用オヤツの食品添加物は発がん性物質って本当?

ペット用オヤツの食品添加物が危険

ペット用オヤツに含まれる食品添加物は発癌性物質が割と多いことで話題になっています。

犬や猫にオヤツは必要ないのですが、オヤツを購入する場合は十分注意したいものです。

オヤツやドッグフードに含まれる主な食品添加物を挙げてみますと、発癌性物質に指定されるものが2つあります。

【亜硝酸ナトリウム】と【プロピレングリコール】です。

他に、オヤツの多くに使用されている発癌性物質は沢山あります。

ブチルヒドロキシアニソール,ジブチルヒドロエキシトルエン,エトキシキン,アフラキトシン,硝酸カリウムなど。

 

購入の注意点

まずは、パッケージの裏に原料名や成分記載の無いオヤツは買わないほうが良いです。

そもそもペット用の食べ物には原料や成分表示の義務はありません。

たとて国産であっても原材料名や成分表記がない商品には何が入っているか不明なので購入しないほうが安全です。

外国のキャットフードやドッグフードを食べてワンちゃんネコちゃんがたくさん亡くなる事件が話題になりました。

安全な商品はどこの国なのか、どこが危ないのか、明確な回答は難しいのですが…

メーカーは無理でも、タイ産や中国産の商品はできるだけ避けるようにしている方々が多いそうです。

 

掛かりつけの獣医師に相談

最も大切なのは、オヤツを購入する前に掛かりつけの獣医師に必ず相談してから購入するように心がけましょう。

専門医の判断を参考にするのは、愛犬愛猫の皆さんにとってはとても参考になります。

掛かりつけ獣医師とは日頃からコミュニケーションを疎かにしないで定期的に相談するようにしましょう。

 

柔らかいジャーキー

柔らかいジャーキーには乳化剤(プロピレングリコール)が含まれる物が多いです。

柔らかいものが100%危険だとは申し上げませんが、リスク要因があります。

ところが、他の物質の添加物は表示されているのに、乳化剤だけ記入されていない商品があります。

このような商品は最初から買わないほうがリスクヘッジとなりますが、

もし購入するなら販売店からメーカーに連絡させて、乳化剤の使用の有無を確認してもらうほうが良いです。

 

国産品を購入

購入するのならできるだけ国産品をお選びください。

何処かの国の物を買うよりはマシだと思います。

与える量は少な目に

犬は汗をかき難い動物です。

毎日連続で食べさせると、悪い成分が体内に蓄積してしまいます。

それを防ぐには、パッケージに記載されている許容量の1/5~1/3程度の少なめにしておく事をお勧めします。

そして、できれば毎日与えるのは止めましょう。

「○○産」が問題になった直後、パッケージに急に「国産」のシールが上貼りされるようになっていました。

昨日まで「○○産」表記で販売されていた同一商品なのに、コレって景品表示法違反ですよね。

国産表示していた商品でも、愛犬にアレルギー症状がみられたので疑い深いオヤツ類を一切止めてみたら、症状が治まりました。

おそらく栄養分も危ない添加物がたくさん混入していたのでしょう。

念のため量に関しても獣医師の意見を聞くのも良いでしょう。

 

最後に

無添加や無着色のオヤツだとしても本当に信用できるのか微妙です。

無添加ですと最初は食べたとしても、瞬く間に飽きて食べなくなる傾向です。

食いつきが良すぎる姿をみたら、危険な成分が入っているかもしれません。

特に○○産は、避けるほうがよいです。

添加物の他に、原料の牛肉が理解不能なものです。

腐りかけの病死牛肉をホルマリン(発がん、催奇形性)に付け込んで保存!?

それを水洗いして発色剤、香料、調味料まぜて商品化したものも出回っていると、業界人がブログで暴露していました。

正しい知識と選択が大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です