チリ産養殖サーモンを地元人が食べないって本当?

チリ産養殖サーモンに関してネット上で様々な議論が展開しています。

チリの養殖サーモンは“薬漬け”の危険な魚という論争が巻き起こっています。

抗生物質や殺虫剤を大量に投入していて、海洋汚染も招いているという。
発端となった記事の出どころは朝日…だとしたら、無責任なデマかもしれませんがそれなりに信ぴょう性があるかもしれません。

そこで、チリの地元民さえチリ産サーモンを食べないのが本当なのでしょうか?

 

サーモン「食べる、食べないか」で大論争

チリ南部パタゴニア在住の菊池木乃実さんの

「日本のスーパーで売られているチリ産のサーモンを地元の人が食べない理由」というタイトルのブログが反響を読んでいます。

朝日新聞系のネットニュース「ハフィントン・ポスト」に転載されて食品業界ニュースで話題になっています。

一方で、この記事はデマだぁ!と非難しているサーモンの目利きのプロが反論しています。

養殖サーモンを“食べない”“食べる”の2者が真っ向対決しています。
そもそもチリは世界第2位のサーモン輸出大国です。

日本は最大のチリ産サーモンの消費大国で、スーパーにはチリ産の養殖サーモンが陳列しています。

「薬漬けで食べると危険!」という意見が本当ならば、日本人の食の安全神話が崩壊するかもしれません。

サーモン養殖が盛んなチリ南部アイセン州の住民は養殖サーモンを食べない人が多いそうです。

養殖サーモンを食べない理由として、サーモンの養殖を継続できない事と環境汚染になるからです。

また、抗生物質、農薬、防汚剤を使いすぎて養殖した魚が美容健康に悪いのかもしれません。

 

「地元」の範囲が問題の原因!?

一方で、養殖場の実態を熟知している地元住民の多くは、養殖サーモンは食べない!という主張があります。

相反する主張はどちらが正しいのでしょうか?

実は…

“食べる派”は「地元」=「チリ国全体」としています。

これに対し、“食べない派”は養殖が盛んなアイセン州やチロエ島周辺という意味で「地元」としています。

言葉の認識の違いなのでしょう。

チリ全土を考えると、サーモンは超大人気で、スーパー・市場でも魚売り場にはもちろんどこでもサーモンを置いている。

養殖場付近では、チリは高値で肉の倍以上の値段で、外貨獲得として輸出品にしています。

それぞれの言い分が交錯して、両者の食い違いの原因が「地元」の範囲だと考えられてます。

この問題の根本は、「地元の範囲を定めて食べる、食べない」ではなくて、

「チリ養殖が安全なのか、本当に薬漬けなのか」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です