不眠症解消の食品を厳選!セトロニン・メラトニンの幸せホルモン分泌

夜眠れなくて昼間に眠たい…、

布団に入ったのに全然寝付けなくてストレスがたまる等、

不眠になってしまうと生活のリズムが崩れて、心身ともに弱ってしまいます。

精神肉体ともに辛い毎日を過ごすかもしれません。

つらい不眠を解消する生活習慣の改善方法はあるのでしょうか?

不眠を解消する習慣を考慮するために、食べ物や飲み物について、薬に頼らず不眠症を解消する方法を解説します。

 

不眠症の原因

どんな不眠を打破する方法があるのでしょうか?

まず、不眠症の原因の一つとして、体内で生成される“セロトニン”や“メラトニン”が不足している点に注目します。

セロトニンは“幸せホルモン”とも呼ばれています。

精神状態を平常に保ち心豊かに過ごすためには必要不可欠ばホルモンです。

またメラトニンは“睡眠ホルモン”という別名もあり、セロトニンがメラトニンの分泌を促進します。

睡眠に重要だとされる上記のホルモンは、必須アミノ酸“トリプトファン”を摂取すると作られて分泌されます。

つまり、トリプトファンが睡眠の質を高めてポイントになると断言できます。

トリプトファンは食べ物から摂取できるので、トリプトファンを多く含む食品を意識して食べるのが重要です。

そこで、どのような食べ物や飲み物がトリプトファンを多く含有していて、摂取しやすいのでしょうか?

 

豆類、お米

アーモンドなどの豆類にはトリプトファンが多く含まれています。

ひまわりの種も食用として販売されていて面白いですね。

忘れていけないのが、お米にもトリプトファンが含まれています。

近頃は糖質制限ダイエットを実践している人も増えています。

夜にお米を食べないという人も多いそうですが、快眠グッズを買い込むより夜でも適量のお米を食べるのをオススメします。

 

バナナ&牛乳のシェイク

ホットミルクには安眠作用があるとよく聞きますが、バナナも睡眠に良いのをご存知でしょうか?

牛乳とバナナには多くのトリプトファンが含まれており、セロトニンの生成に役立ちます。

またバナナには、ビタミンB6とマグネシウムも含まれており、抗ストレス作用のある“コルチゾール”を生成するために必要な栄養分です。

要するに、牛乳とバナナは満足度の高い睡眠に誘導してくれる食品であるといえます。

一緒に食べても構わないのですが、ミキサーやフードプロセッサーでシェイクしてグイグイ飲むのもオススメです。

夜寝る前にバナナとミルクのシェイクを作って飲んでみるのも良いですね。

 

青汁

青汁にもメラトニンが豊富に含まれています。

主原料“ケール”には美肌効果や便秘解消効果もあり一石二鳥です。

青汁は健康や美容のために飲んでいる人は多いでしょう。

しかも睡眠にも素晴らしい効果があると分かったならば、もっと飲みたいという方々も増加するでしょう。

 

動物性タンパク質

動物性たんぱく質はダイエットをしている人にも必要な栄養素なのでキチンと摂って下さい。

レバーなどのお肉や魚(特に赤身魚)には多くのトリプトファンが含まれています。

日常の食生活を考慮すると頻繁に食べる品目の中には、知らず知らずのうちに自然とトリプトファンを摂っている人も多いです。

レバーは鉄分豊富で有名ですが、トリプトファンも豊富に含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です