舛添都知事は慢性便秘説?脳科学で判明、便秘=ケチ人間って本当?

あなたの周りには「ケチくさい!」と思う人がいますか?

連日テレビや週刊誌などで話題な舛添要一東京都知事も、政治資金問題だけでなく、何かとケチな一面が取り上げられている模様で情けないですね。

節約はとても大切だとは思いますが、度が過ぎると単なるケチな人間、というレッテルをはられてしまいます。

そんなケチな人間は、実は便秘と深い因縁があるという問題がネット上で話題になっています。

その真相を検証します。

 

便とお金“ためる”共通点

最新の脳科学で分かった便秘とケチの関係について解説します。

“便秘とケチには密接な関係ある”というビックリ仰天な情報が話題になっています。

医学博士の医師によれば、慢性便秘で便を溜め込む人間は、お金も貯め込むのが好きな人格だと言われています。

便とお金を溜め込む関係性について、最新の脳科学でも“便を溜める”“お金を貯める”という行為には共通点があるそうです。

便とお金を貯めこむ行いは、なんと脳を使う部分が同じだんてご存知だったでしょうか?

便秘症状が続くとお金を使うとストレスを負担と感じやすくなります。

その結果、お金を出し渋る行為と出費を抑えてしまいます。

 

便秘のスッキリ解消法

お金にはきっちりしたくても、ケチだとは思われたくないはずです。

ケチと言われないためにも、便秘も健康と美容とさらに経済力を損なうので、どうにかしなければいけません。

そこで、有効な便秘解消できる方法を説明します。

 

【1】便秘のタイプを把握して対処

便秘で悩んだら、どのタイプの便秘であるのか判断することが重要です。

あなたは、便を押し出す筋力が衰えていますか?

食物繊維や水分が足りていない弛緩性便秘なのでしょうか?

ストレスや自律神経のバランスの崩れによる痙攣性便秘ですか?

上記の便秘症状に当てはまるのかを判断しましょう。

ぜん動運動の腸内の筋力が衰えている場合は、効率よい腹筋運動をしてください。

痙攣性便秘であれば、野菜やドリンクよりも海藻やひじき等を食べて腸内を温めて腸内環境正常化の対策になります。

弛緩性便秘ならば、食物繊維や水分を摂って腹筋を鍛えるのが大切です。

 

【2】抹茶で腸内環境を整える

抹茶は茶葉を丸ごといただけるので、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、各種ミネラルやファイトケミカル、食物繊維を摂取できます。

抗酸化作用を期待できるビタミンA、C、Eの効果効能が素晴らしいです。

腸のぜん動運動を促す食物繊維は便のかさとなるので必要不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です