梅雨のお弁当の食中毒対策5つを徹底紹介

蒸し暑い季節でも手作り弁当で、美容・健康の他に経済面でもサポートします。

昼時の楽しみ“お弁当”が傷みやすい季節がやってきました。

なかには、「梅雨から夏にかけては食中毒が怖いから、お弁当をやめる」という方もいるでしょう。

その結果、食費はかさむ一方、体重だって増加してしまうかもしれません。

それって、少し悲しいですよね。

そこで、暑い季節のお弁当を持参したい人に必見、お弁当の中身をダメにしない秘訣について解説します。

 

お弁当を腐らせないポイント

【1】素手で食材を触らない

素手で食材に触ると、手についている細菌が移り増殖してしまって、食中毒のリスクを高めます。

おにぎりのビニール製の手袋が評判良いです。

おにぎりはラップを使って握る、おかずは箸で詰める、など食材に雑菌繁殖を抑えるために丁寧に扱って欲しいです。

 

【2】お弁当箱は“酢”

お弁当箱は“酢”で拭いておくのがコツです。

酢には殺菌効果がありますのをご存知でしょうか?

調味料として使うのはもちろん、中身を詰める前にお弁当箱を酢で拭いておくと雑菌の繁殖を予防してくれます。

 

【3】スパイスを活用

スパイスやハーブには、殺菌効果があるので利用したいです。

酢、こしょう、レモン、生姜、しそ、梅干し、カレー粉などの香辛料は使い方次第でアレンジレシピにもなります。

味付けるときは、積極的につかえば、食中毒のリスクは下げることができます。

 

【4】加熱は怠るな

食材にしっかりと熱を通すことで、殺菌・防菌効果が高まります。

肉や魚は薄切りにしたり、小さく切ったりして、中まで火を通しましょう。

 

【5】汁気は厳禁

水分は細菌繁殖を助長します。

水分・汁気があるとお弁当は傷みやすいので、早急な対策が必要です。。

お弁当箱に詰める前にペーパータオルで水分をきるのは有効です。

すりゴマや乾燥ワカメ、鰹節、麩を合わせると水分を吸ってくれます。

片栗粉であえて汁を出さないようにするなどの工夫をしましょう。

ご飯、おかずともに冷ましてから蓋をするのも、お弁当箱に蒸気をこもらせないためのポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です