内臓脂肪の減少方法!肥満の原因は皮下脂肪なの?

生活習慣病の多くは肥満と関係しています。

肥満=皮下脂肪と考えると、皮下脂肪を悪玉と考えがちです。

実は生活習慣病と関係しているのは、消化管の間の脂肪組織である内臓脂肪なのです。

 

皮下脂肪と内臓脂肪は別

お腹の皮膚の下にあるのが皮下脂肪。

一方、腹部の内臓の周りにあるのが内臓脂肪です。

皮下脂肪と内臓脂肪は別ものですが、実はあまり差がありません。

代謝を観察すると、内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、一般的に活性化しやすい細胞です。

活発というのは、脂肪を溜めやすく出し易いという意味と、生理的活性物質を多く作るという両方の意味です。

 

内臓脂肪とお腹まわり

内臓脂肪の増加は、CTスキャンを用いて腹部の断面像を撮影してみて初めて医学的に判断できます。

CTスキャンは放射線の量が大量なので、内臓脂肪を確認するだけにCTスキャンで検査するのは控えるほうが良いです。

そこでその対策として目安になるのがお腹まわりのウエストサイズです。

平均的な日本人の男性を考えると、お腹周りが85cm以上あるとBMI(体重kg/身長m/身長m)の数値に関係なく内臓脂肪が増加していると思われます。

特にお腹まわりがあるのに、腹部の皮下脂肪を手で摘めないようだと内臓脂肪が増加している可能性が高くなります。

 

女性より男性の方が内臓脂肪が多い

内臓脂肪は脂肪酸の出し入れが容易です。

筋肉が体重に対して女性より10%増しの男性は、筋肉を動かすための内臓脂肪を、女性よりも多く持ちやすい傾向です。

男性ホルモンは筋肉を増加させながら、内臓脂肪を増加させる効果があります。

男性は内臓脂肪がつきやすく「太っ腹」になりやすいです。

一方、女性ホルモンは内臓脂肪よりも皮下脂肪を蓄える傾向があります。

男性のお腹まわりは、内臓脂肪が多いためと腹筋が多いために女性より太くなります。

同じ体脂肪率の男性と女性がいれば、男性のほうが内臓脂肪が多いです。

 

内臓脂肪を減らす方法

内臓脂肪と生活習慣病の関係、内臓脂肪を減らす方法を解説します。

内臓脂肪が増加すると、糖尿病、血栓症、動脈硬化・高血圧症の原因になりやすいです。

内臓脂肪が多く作る悪玉物質の一つは、腫瘍壊死因子(TNF-α)という物質です。

名前の通りに悪性細胞を攻撃しますが、細胞が血糖を取り込むために必要なインスリンの効果を低下させます。

つまり、体全体のインスリンの効果が悪くなり、糖尿病の原因となります。

血栓を作りやすくするPAI-1も活発です。

全身に作用すれば脳梗塞などの血栓症を起こしやすくなります。

その他に動脈硬化を促進したり、血圧の上昇を来す物質も産生していて、高血圧症の原因となります。

 

有酸素運動が重要

内臓脂肪を減らすには総有酸素運動がとても大切です。

内臓脂肪は皮下脂肪より脂肪燃焼しやすいですので、内臓脂肪を減らす事はそれほど難しくありません。

内臓脂肪は腹部にあるから腹筋運動と考える方がいるかもしれません。

ところが、腹筋を強化しても、内臓脂肪を減らす効果はありません。

脂肪燃焼させる有酸素運動が内臓脂肪を減らしてくれます。

有酸素運動を生活習慣にできると、筋肉は蓄積していたグリコーゲンを使いきった後、肝臓や脂肪細胞が放出する遊離脂肪酸を消費します。

皮下脂肪よりも代謝上がりやすい内臓脂肪のほうが燃焼する際に遊離脂肪酸をたくさん使ってくれます。

内臓脂肪は代謝が活発なので、内臓脂肪が蓄積しやすく減少しやすい特徴を持っています。

よく有酸素運動は運動の持続時間が20~30分以上ないと脂肪の燃焼が起きないとされています。

これより短い持続時間では脂肪燃焼が起きないというわけではありません。

20~30分以上の運動を継続すれば脂肪燃焼しやすいという意味です。

内臓脂肪を減らすために、誰でもできる有酸素運動としてウォーキングをおすすめします。

ジョギングや水泳など、あなたが好みの有酸素運動を始めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です