セックスレスでも幸福な夫婦になる方法

日本社会では、セックスレスで悩んでいる夫婦は多いと言われています。

夫婦の半分が悩むセックスレスを招くストレスは大問題です。

いまや2組に1組の夫婦がレスになっているとは恐ろしいです。

この調査結果は相当な割合ですし、明日は我が身という悩んでいる夫婦も少なくないでしょう。

共働き夫婦ならばお互いに仕事をしていて、疲れてしまうとセックスなんて全く興味がなくなる人も続出してます。

タイミングを掴めずにいる夫婦もいるかもしれません。

ですが、レスを解消しようと無理し過ぎると幻滅することもあるかもしれませんが、レスでも幸せな夫婦もいます。

そこで、レスでも幸せいっぱいな夫婦になれる秘訣をお伝えしましょう。

 

■1■夫婦で食事

ご飯を食べながら何気ない日常会話でも構わないので、夫婦二人で食事をする機会を増やしましょう。

レスでもハッピーな夫婦は、コミュニケーションが活発なのが特徴です。

週3日は二人で自宅で食事する、月に4回はふたりで外食するなど、夫婦水入らずの食事を大切にすることも楽しくなれる秘訣です。

夫婦にとって、セックスだけがコミュニケーションではありません。

でも、夫婦の接点がない上にレスの夫婦は、二人の信頼関係も安心感も失ってしまう恐れがあります。

一方で、ご飯を食べながら当たり障りない会話を楽しむ時間も、夫婦では幸せ度が上昇するコツです。

 

■2■夫婦一緒に寝る

相手の寝息や寝返りを感じながら一緒に寝るのも大切です。

レスに陥っている夫婦の大半は、別のベッドや布団で離れて眠っている事が多いです。

新婚の頃は同じベッドで寝ていたのに関わらず、今となっては寝室も別々となって肌のふれあいがない夫婦もいます。

仲が悪くないならば、夫婦の幸福度を上げる目的を考慮すると、一緒に寝るとリラックスできてホルモンバランスもよくなるそうです。

妻と夫の寝息を感じながら眠れる環境は、夫婦同士のハッピーな空間です。

たとえレスであっても幸せを共有するために、同じ寝室で寝るように心がけるのも名案です。

 

■3■スキンシップを意識

手をつないだり、ハグしたり!スキンシップは怠らないように気をつけて下さい。

そもそも夫婦間のコミュニケーションは、セックスだけではありません。

しかしながらSEXレスになってしまうとお互いが変な気遣いをしたり気恥ずかしくなって、スキンシップさえも激減してしまう夫婦が増えています。

セックスも皆無でスキンシップすら減少ともならば、夫婦の幸福度も落ち目になるのは当然の結果です。

ところがセックスレスであっても夫婦関係が良好な秘訣は、夫婦同士のスキンシップが素晴らしい傾向です。

ハグしたり手を繋ぎながら散歩したり肩を寄せ合うなど、適度なスキンシップを継続すると幸福感を上げるポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です