女性の加齢臭に注意!30代半過ぎニオイ対策

女性ホルモンの減少とともにニオイが強くなり、皮脂腺の多いところから発生しやすいそう。

女性の加齢臭の原因や対策について紹介します。

 

■加齢臭の仕組み

加齢臭はニオイの原因は「ノネナール」という物質です。

加齢とともに皮脂腺から分泌されやすくなり、頭皮臭いやTゾーン、ワキ、デリケートゾーンなどから発生することが多いです。

活性酸素が多く発生すると、加齢臭も強りやすいという評判です。

ストレスや喫煙、紫外線、大気汚染など、活性酸素の原因が多種多様です。

男性よりも女性のほうが加齢臭に苦しみ悩む時間が長くなりやすいと言われています。

 

■肉食の人はご注意

食生活が欧米化になると、加齢臭が強くなる原因だといわれています。

唐揚げや肉類、スナック菓子やケーキなど、脂肪分が多い食事は、強烈な体臭になりやすいです。

臭いが強くなって気になると、野菜や和食中心の食生活に切り替えるほうが健康と美容のためによろしいです。

さらにビタミン・ミネラルを多めに摂取するために抗酸化作用の強い食品を食べると、加齢臭を予防しやすいです。

抗酸化作用の強い食べものはいろいろあります。

緑茶のカテキン、ブドウのアントシアニンなどポリフェノールの多い食品もオススメです。

ビタミンEが多い食品として、カボチャやアーモンドなど。

ビタミンCが多い食品はレモンやミカンなどの柑橘類等。

緑黄色野菜(βカロテンが豊富)や青魚も抗酸化物質を多く摂取できます。

 

■乾燥は厳禁

乾燥は加齢臭の大敵です。

加齢臭が発生してしまったら、頭皮やボディケアの見直してほしいです。

皮脂腺の多い部位を洗うこと大切ですが、保湿をしなければいけません。

乾燥すると皮脂が分泌されるので、うるおいを与えて欲しいです。

頭皮は紫外線によるダメージを受けて乾燥しやすいのが問題です。

頭皮用の保湿ローションを使ってケアして下さい。

 

■衣類のニオイケア

加齢臭は自分では気づきにくいものです。

加齢臭が強くなると、枕や衣服にニオイがうつることが多々あります。

通常の洗濯や消臭スプレーでは消えないほど臭いがきつくなると、毎日洗っていても臭いが残ることもあります。

ニオイを確実に落とすには、衣服に付着した皮脂汚れをしっかり落としてください。

水よりもお湯を使うほうが落ちやすくなります。

また、頑固なニオイ落としにはつけ置き洗いで対処するのが大切です。

それでもニオイがとれない場合は、クリーニング店で相談するほうが賢明です。

ニオイの付着を予防するためにも、洗濯の他に肌着を着るのを心がけて欲しいです。

おしゃれ着を漂白剤などにつけるのは気が進まないかもしれません。

その対策として、洗いやすい肌着にニオイがうつるようにすれば、被害を最小限に抑えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です