コーヒー飲むと糖尿病ガンの発症率減少?コーヒーダイエット等の効果効能

ここ最近、“コーヒー”には健康と美容の効果があると評判が高いです。

コーヒー好きの方にとっては嬉しいニュースがたくさんあります。

あまり意識なくコーヒーを飲んでいる方々が多いかもしれませんが、実は数々の秘密ネタが隠されているようです。

そこで、1杯のコーヒーが健康作用になるか健康被害の原因になるか、正しいコーヒーの知識と飲み方などを解説します。

コーヒーは食品の中でも、世界中で熱心し研究されているのをご存知でしょうか?

国立がん研究センターの発表によると、

1日に3~4杯のコーヒーを飲む人は、脳血管疾患や心臓病等の心疾患の死亡リスクが約4割も減少傾向だと判明しました。

テレビ番組や新聞などの報道で情報が流れたのであっという間に話題になりました。

さらに最近の研究結果によると、認知症やガン、肥満、痛風や糖尿病を抑制したり予防する効果があると報告されています。

大学の専門家たちがコーヒーの健康効果を検証していて、とても興味深いです。

一例を挙げてみます。

コーヒーで糖尿病の発症率が3割も減りやすいそうです。

1日3杯を飲むが賢明だととしても、どのタイミングが最適なのかというと…。

「食前」に飲むのが最も効率良いそうです。

また、カフェインをとって1時間後に運動すると、メタボ予防と改善する手段としてはイチオシです。

さらに、内臓脂肪が効率的に脂肪燃焼しつづけます。

コーヒーのクロロゲン酸がメラニンの生成を抑えてシミそばかすを薄くしてくれる美容効果を期待できます。

 

効果的な飲み方

研究結果をもとに効果的な飲み方を検証します。

・『白砂糖はダメ』

白砂糖は血液を汚しやすいのと糖尿病を進行させる原因になりやすいです。

カロリー高いですから、ダイエットにも不向きです。

・『目安は1日3杯まで』

コーヒーを飲み過ぎると胃酸がどんどん出てしまいます。

胃粘膜を考えると個人差があるにしても3杯程度にしとくほうが無難です。

コーヒー大好きな人はカフェイン中毒のようにがぶ飲みしてしまうかもしれません。

気をつけてください。

・『バターコーヒー』

アメリカで話題のダイエットドリンクの1つです。

コーヒーに無塩バターを大さじ1杯をコーヒーカップに入れるだけです。

超簡単レシピですけど、腹もちがよくなるのでお試しする価値はあります。

コーヒーを楽しめるアレンジレシピとして楽しんで下さい。

・『運動前にコーヒー飲む』

運動と食事法に加え、運動の前にコーヒーを飲むと脂肪燃焼しやすいそうです。

レストランで食後のコーヒーを注文している人は、しばらくは食前コーヒーを実践してみてはいかがでしょうか?

いつものコーヒーを楽しみながらさらにおいしく、ヘルシーなコーヒー生活を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です