ビールのダイエット効果とキサントフモールの痩せる効果を徹底解説

初夏になると、気温も上がって夏日になるとビールが美味しい季節になります。

実はビールには痩せる物質が含まれているという衝撃な研究結果が発表されて話題になっています。

そこで、長い間、悪者扱いされてきたビールに含まれる“ある物質”について解説します。

アルコールと健康の関連性を話題にすると、ビールはどうしても不健康に部類に属されていました。

アントシアニンを多く含む赤ワインが好感度ある立場です。

実はビールは炭水化物とカロリーの液体ですけど、腎臓結石の予防や骨粗しょう症の予防つまり骨の増強、そして消化器系にも効果があることが判明しています。

今となっては、ビールが健康増進の作用があると言われています。

「キサントフモール」という化合物(ホップの中に含まれるフラボノイドの一種)が、なんと「ダイエット効果、減量効果がある」のが事実なら素晴らしいです。

脂肪分解と肥満対策に期待できるのだから試さないのはもったいないです。

このキサントフモールは、コレステロールと血糖値を減らす効果もあることがわかっています。

ただし勘違いしないで下さい。

ビールを飲むだけでは簡単に痩せる、減量できるわけではありません。

大学の研究によると、1パイントのアルコール度数が中~高程度のクラフトビールに含まれるキサントフモールはたった0.0757mgです。

ビールだけでキサントフモールの効果を得ようとすると、一日に3500パイントを飲むだなんて無茶です。

将来はキサントフモールを凝縮したサプリメントが開発され、一日一回だけ摂取すれば十分なときがくるそうです。

サプリメントは、メタボをはじめとして心疾患、糖尿病、脳卒中などの生活習慣病の人には安くて効果的な方法になり得るかもしれません。
では、どんな効果が実験によって得られたのでしょうか。

高脂肪食で餌付けされたマウスに、キサントフモールを毎日3ヶ月間与えると、マウスのLDL(悪玉コレステロール)が80%も減少した結果が注目されています。

インスリンも42%減少し、キサントフモールを摂取していない同じエサを食べたマウスに比べて22%も体重が減りました。

このキサントフモールの効能はまだ未知なる領域です。

ビール由来のフラボノイド(化合物)は、ガン予防、高血圧対策、体脂肪減少も期待できます。

現代の日本人の食生活は欧米化が進んでいます。

既に通風、肥満、高血圧や糖尿病、ガンなどの生活習慣病が蔓延しています。

キサントフモールがサプリメントの商品化が成功すると、日本人のビール好きの他に、全く飲まない人にとってもお望みでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です