iPhone裏ワザ暴露!削除した内容の復元、LINEで隠しメッセージ?

削除した内容を復元

メールなどで長い文章を記入してときに、誤ってその文章を削除してしまったことがあると思います。

間違って消してしまった内容をもう1度書き直すなんてショックが大きいです。

パソコンの場合は、「Ctrl」+「Z」で直前に削除内容を復活できます。

スマホでは諦めていた人が多かったと思います。

スマホで削除した内容を復元できる裏技が登場します。

「なかったことにする」ことで復元できるんです。

そのやり方はとても簡単です。

iPhone本体をフルフル振るだけで復元操作になります。

iPhoneを振ると「取り消す」のポップアップ表示が出てきます。

その内容は「キャンセル」と「取消」の選択肢が表示されます。

そこで「取消」をタップすると、誤って削除してしまった内容の文字や文章が再現して元に戻ります。

この裏ワザを使えるのは、LINEやtwitterやFacebookなどのSNSのほかに各種メールアプリでも大半のアプリに活用できます。

文字や文章をコピペするつもりだったのに、ついうっかりして消去してしまったときには非常に役立つ方法です。

 

隠れメッセージ

LINEを使って、隠しメッセージを相手に痩身する裏ワザが評判高いです。

まずLINEで全角23文字のメッセージを入力します。

その後に「∧( ‘Θ’ )∧」の顔文字を入力して改行します。

ちなみに、「∧」を入力した顔文字なら何でもOKです。

そして、改行した部分に「隠しメッセージ」を入力してください。

ただし、条件として1行以内の全角文字で入力してください。

これだけで隠しメッセージを送信できます。

隠しメッセージを読み解く方法が面白いです。

そのやり方は、スマホ端末を縦の状態にするのではなくて、横向きにすると隠れメッセージを読むことができます。

つまり、「(全角23文字)∧( ‘Θ’ )∧」を入れて改行して、その後に「隠し文字」を入れると面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です