ジャパネット高田明前社長スゴい!熊本地震の被災者支援に感動

「ジャパネットたかた」の前社長、高田明氏が久しぶりに生放送番組で生出演した内容に驚きました。

4月21日に生放送された同社の通販番組で、取り扱う商品の売り上げなど、購買者の全額寄付すると発表しました。

名づけて「熊本地震 被災者支援プロジェクト」を推進するとは素晴らしいです。

しばらく見かけなかったですが、高田明氏は元気そうで良かったです。

高田前社長の心意気と粋な計らいはきっと国民が納得する支援だと思います。

東日本大震災でも通販の売上額7000万円に加えて、会社から5億円の追加寄付も行った高田前社長の“本気の善意”には感服します。

視聴者には乾電池や携帯ラジオなどの災害の備えになるものを売り、儲けたお金を被災地への支援とする仕組みは今後の参考になるでしょう。

被災地はまだまだ大変な状況です。

1日でも早く被災された方が元の生活に戻れるように私も出来る限りのことをしたいと思います。

高田社長は確かに素晴らしいけど、他の人の善意を偽善、売名と決めつけた意見があるのは残念です。

高田社長、日本財団、高須院長、紗栄子さん、YOSHIKIさんなど、日本もまだまだ捨てたもんではないですね。

生きたお金を有意義に使う会社は、この先もきっと安泰でしょう。

ジャパネットたかたは、経営状態がそれほど楽では無いはずなのにここまで支援するのは何故でしょうか?

嫌らしい見方をすれば、宣伝効果で元が取れるという意見もありますけど、そんなことを考えてなさそうな姿勢を評価したいです。

偽善、売名でもない。被災者の為に何かできないか、という考えからの発案と思います。

そもそもジャパネットタカタに今更売名なんか不要なほど有名です。

そんな疑った見方をするのは間違っている。高田前社長の真心の対応だと思う。

ジャパネット高田の社員の方々も身を削って震災支援されているのだから素直に評価したいです。

普通に寄付される方も素晴らしいです。

何かしら震災の為に動いてくれるのは被災者にとって勇気にもなりますから、支援の大小を比べる必要はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です