キスの嘘と真実!遺伝子レベルの科学的事実を暴露

キスは口づけ、接吻などの呼び名がありますけど、魅惑なイメージを感じる人が多いです。

大好きな人とキスすると、素敵なホルモンが溢れでてとても幸せな気分になれます。

愛しあう者同士が愛情を示す行為の1つとしてキスの重要性が挙げられます。

科学的な検証によると、今までに解明されてこなかった新事実が判明してきました。

知らないともったいない、様々なキスの要素をお届けします。

 

DNAの相性診断

キスは、DNAの相性診断の手段だという説があります。

キスをした直後に感じ方が大切です。

「気持ち良い」と嬉しい感じがする一方で、その真逆として嫌な気持ちや気分が高揚しない、というキス体験はあったでしょう。

キスをすることによって脳が遺伝子レベルで相手との相性を診断しています。

動物的本能で相手が味方なのか異分子なのかを瞬時に判断しています。

つまり、キスは相手が素晴らしいパートナーを見極める手段だと判断できます。

愛情を示し合う行動ともいえる「キス」に、なんと遺伝子レベルの取捨選択の役割があるとは意外です。

万が一、パートナーか否かを迷うならば、キスの相性を感じ取ってみるのも一案かもしれません

 

美肌促進

キスは女性を美しくする効果が立証されています。

女性はキスをするとエストロゲンのホルモンが分泌して、肌再生サイクルが活性化します。

また、意外かもしれませんがバストアップの効果も期待できるとは

たくさん素敵なキスをして、もっと美しい女性に成長しましょう!

 

「体臭」で遺伝子判別

女性はキスの際、何を感じ取って男性との関係を判断しているのでしょうか?

それは「体臭」です。

女性は子孫繁栄を望んいるため、本能として自分よりも強い遺伝子に魅了されます。

要するに、女性はキスで相手がレベルが高いかをチェックしているといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です