接待交際費の正しい知識!キャバクラ、三次会など経費OK

接待交際費の秘密な情報を聞く事が多いです。

交際費の正しい知識を知らないと損することが多いので、接待費用に関連するうわさ話を徹底検証します。

ネット上で流れている口コミサイトを見てみると、

「お酒を飲むと会議費で落とせる?無理?」

「3次会になると交際費になる?落とせない?」

「キャバクラやクラブで遊んだ経費は交際費にならない?」

など、真実の行方が気になります。

 

交際費の上限

交際費には制限があるため正しい知識が必要です。

平成25年の税制改正前と後とでは、交際費の上限が違いますのでしっかり認識しておきましょう。

税制改正前の場合、会社の接待費用には制限がありました。

中小企業の場合、年間800万円までは90%経費算入となり、それ800万円以上は全額経費不算入でした。

これは、冗費(じょうひ)を引締めるために国家権力が設けた上限です。

会社が無駄遣いしないように、税金を支払うよりも飲食などで使ってしまう考えだと会社の成長が滞るのを防ぐためです。

一方、改正後は年800万円までの交際費は、全額経費として認められます。

ただし、将来的にいつまで認められるのかはわかりません。

いずれにせよ、交際費の基本知識を理解していないと後悔するので気をつけましょう。

交際費とは、ビジネスに関係する相手に対してご機嫌とりの接待のための費用ということです。

判別が分かりにくい事も多いですから顧問税理士に質問するのが安心です。

 

交際費の噂

さて、交際費にまつわる噂は様々ありますが、中でも代表的な噂に斬りこんでみましょう。

「キャバクラ接待は交際費になりますか?」

結論から申し上げると、キャバクラや風俗店など怪しめなお店に接待するとしても、交際費として落とすのは非常に難しいでしょう。

仕事とは関係ない女性が側にいて、ビジネスの打ち合わせで必要な接待とはお世辞にも言えません。

ビジネスの範疇外で、個人の趣味嗜好になるからです。

老舗料亭の名前で領収書を切ってもらえる場合もあるようですが、マイナンバーが導入された今となっては、追跡確認ができる分、ますます難しくなるでしょうね。

「お酒の場合場合には会議費になりますか?」

交際費にならない接待費用は、「会議費」という勘定科目になるのが基本です。

税務上交際費となる時とならない時を理解しておく必要があります。

交際費に該当しない接待費用とは一体どういうことでしょうか?

交際費と会議費の違いは分かりにくいかもしれません。

飲食費に関して、5,000円以内であれば会議費として計上、5,000円以上であれば交際費として計上するということを覚えておいてください。

1人あたり5,000円以上の飲食費であれば、交際費として計上しなければいけないということです。

アルコールが入っているか否かは関係ないです。

「3次会の飲食は経費になるのでしょうか?」

結論は経費となるのですが、注意事項があります。

税務署としては、疑ってくるので、飲食の相手と会合の目的を記入しておくほうが安心できます。

ビジネスの利益を拡大するために、正しく交際費を活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です