ストレスに負ける食品と勝てる改善できる食材とは?

通勤通学して仕事や勉強や家事に子育てと、毎日忙しいとストレスがドンドンたまりやすいでしょう。

そんなときには甘いチョコレートやクッキーやケーキなど甘味を思う存分に食べたい衝動になりやすい人も多いようです。

お菓子をたべているときは本当に幸せな気分になりますよね。

ところが、ストレスを紛らわせるために甘いスイーツを食べるのは健康を損なうといのは本当でしょうか?

最近の研究によると、甘いものを食べればたべるほど、“ストレスに少しずつ弱体化してしまう”とは驚きました。

そこで、スイーツがストレス解消に危険な理由を解説します。

 

甘味がストレス抵抗力が激減

甘いものでストレス耐性がどんどん低下しやすいという情報を聞いて驚きました。

食事は心身の健康に深くかかわっていますが、

とりわけストレスに負けない体質改善に重要な栄養素は“ビタミンC”と“タンパク質”です。

“ビタミンC”と“タンパク質”の栄養素はストレスへの抗体ホルモン“コルチゾール”を分泌するために大量に必要です。

しかし、毎日甘いものをたくさん食べていると、ビタミンCとタンパク質を摂取しにくいといわれています。

一気に甘いものを食べると、血糖値の乱高下がひどくなりやすいです。

その血糖値を安定にするにはホルモン分泌が大切なのですが、ビタミンCとタンパク質を大量に無駄使いする必要があります。

つまり、体内のビタミンCとタンパク質が激減してしまうので、ストレスに負けないために必要なコルチゾールを十分に分泌しないのが怖いです。

ストレス解消するためにスイーツを食べる食習慣ですと、気が付かいないうちにますますストレスに負けやすくなってしまいます

 

ナッツ類がイチ押し

おやつには甘いものではなくナッツがおすすめです

スイーツを食べてもストレス解消できません。

ストレスには天敵になるので、甘いドリンクやお菓子やできるだけ控えるほうが良いです。

しかし、おやつを我慢してお腹が空いてストレスがたまるのは嫌です。

そこで、甘いものの代用品としてナッツ類がオススメの食品です。

ナッツはビタミン、ミネラルを多く含む栄養価が高い食品です。

ビタミンB、ビタミンEや便秘解消を促す食物繊維も豊富なので、ダイエットにも最適です。

また、スイーツとは異なり食後の血糖値の上昇がゆっくりなので睡魔に襲われにくいし、腹持ちもよいスーパーフードです。

多くのスポーツ選手やハリウッド女優もおやつ代わりにナッツ類を食べています。

間食にはスイーツではなくナッツを取り入れて、ストレスフルな毎日を上手に乗り切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です