葬式で喪服なし&ジェルネイル対処法!スーツと黒手袋の基本葬式マナー解説

冠婚葬祭のマナーをしらないと、恥ずかしい思いをする事が多いです。

特にお弔いに関して、あまり参列する機会が少ないので、万が一なときに慌てるかもしれません。

そこで、知らないと恥ずかしい葬祭の基礎知識を解説します。

本来、葬式は親族などが故人のそばで過ごす「通夜」と、故人を葬る「葬儀」、最後のお別れをする「告別式」に分かれている。

現在は葬儀と告別式が同時開催に行われる場合が多いです。

通夜と告別式の違いも薄れて、友人・知人は告別式ではなく通夜に参列するケースが増えています。

ただ、葬式事情がどんなに変化しても、故人をしのぶ時間であることは変わらない。

また、核家族化などによって、家族葬という個人回りした形が増えています。

故人が作詞作曲した音楽を流したり、楽器演奏など和気あいあいとした雰囲気の葬儀が普及しています。

工夫を凝らして記憶に残るお葬式、リーゾナブルの低価格な小さなお葬式や密葬の家族葬が注目を集めています。

参列者が故人との思い出を語り合いやすい葬祭形式になっているのと同時に、時間短縮と経済的負担の軽減にも貢献しています。

お別れの時間だからこそ、最低限のマナーを守るのは大切です。

では、具体的なお葬式マナーの質問の中で、服装に関する質問が一番多いので検証します。

喪服を所有していない場合、代わりの服としてどんな格好がオススメでしょうか?

仕事で着ているスーツでも黒い服装であれば一応大丈夫です。

ブラックフォーマルがない場合は、仕事で普段着ているような黒で光沢のないワンピースやスーツでも構いません。

光で反射する装飾品をつけたり、肌が露出しやすいのは目立つので控えるほうが礼儀に反することはないでしょう。

ネックレス、指輪、イヤリングなどは外しとおきましょう。

また、意外に忘れやすいのが爪です。

ネイルはオフしましょう。

ジェルネイルなどは黒い手袋で隠すのが良いです。

正式なフォーマルな格好でなくても、怒られることはあまりないです。

しかし、訃報を受けてもお葬式に行く機会が今までになかったとしても、お金がない等の理由があるにせよ、ブラックフォーマル(喪服)を1着くらいは持っておくほうが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です