iPhoneで外出時に録画済みテレビ番組の視聴方法を徹底解説

iPhone愛用者は取扱説明書を真剣に読まなくて使いこなしやすいメリットが人気の秘密です。

しかし、知っているつもりでも理解していない事があるかもしれません。

そこで、あまり知られていないiPhoneの疑問をわかりやすく解説します。

「iPhoneを使って外出先で録画したテレビ番組を視聴する方法」を解説します。

最近のビデオレコーダーには、録画した番組を自宅の外から再生できる「リモート視聴機能」が搭載されています。

コピープロテクトが施された録画済番組を屋内ネットワーク(LAN)で視聴する規格が「DTCP-IP」、

屋外からインターネット経由で自宅のビデオレコーダーから視聴できるようにした規格を「DTCP+」と呼びます。

自宅にDTCP-IP対応かつDTCP+に対応したビデオレコーダーを設置していれば、リモート視聴が可能です。

ビデオレコーダーメーカーは、リモート視聴に対応したアプリを公開していますから、それを利用すればいつ・どこにいてもiPhoneで録画済番組を楽しめます。

メーカーによっては、DTCP-IP/DTCP+の機能はプラグインの追加購入による有償になりそうですが、数百円程度の出費で済みます。

ただし、知らないと後悔するほどの問題があります。

リモート視聴する際には大量のデータ通信量が必要になります。

その目安として、ビットレート1.5Mbps前後の高画質モードで1時間半の番組を再生する場合、なんと約1GBのデータ通信量の負担となります。

リモート視聴する場合、データ通信量の通信費を一切気にしないで済むように、Wi-Fi契約済またはWi-Fiを利用できる環境下で楽しんで下さい。

外出前に既に観たい番組が決まっているならば、お出かけする前に番組を転送しとくべきです。

自宅のWi-Fiネットワークを活用してiPhoneの内蔵ストレージへ録画済番組を転送しておきましょう。

データ通信量の上限の心配無用ですし、回線状態によって再生が止まる不安も解消されます。

しかし、録画済番組を転送する度に内蔵ストレージを使い込んでしまいます。

録画時に指定した画質やiPhoneのストレージ容量にも影響を受けるのを考えると、外出の度に転送して視聴し終えたデータを削除する作業を毎回続ける事になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です