疲れ撃退の入浴方法!眼精疲労と心身を癒やす秘密コツ

風呂場の電気を消して暗いままで湯船につかると、劇的に疲れがとれるは本当でしょうか?

入浴の効果を高めるためにお風呂場を暗くするだけで、眼精疲労がとれてとても楽になると評判高いです。

目への負担がすくなって身体が温まるので、疲れが取れやすくなります。

試してみる価値がありそうなので実践してみたところ…

すごい疲れが取れました。

そこで、疲れを取りやすくコツや注意点を解説します。

 

お湯の温度調整は低め

入浴の効果を高めるためには、入浴温度は低めに設定しましょう。

興奮しないのが大切ですから、副交感神経と交感神経のバランスを保ちましょう。

また、部屋を暗くすることで視覚への刺激が少なくなりやすくリラックスしやすいです。

足湯であれば低温の39度前後が良いので、リフレクソロジーの効き目が上がります。

温度はぬるめ程の湯船に入ってゆっくり休むのがオススメです。

できるだけ暗闇のほうが五感が研ぎ澄まされて入浴に集中できます。

恋人同士がお風呂場でロウソクのキャンドルライトを楽しむのも悪くはないのですが、きちんと換気してください。

一酸化炭素中毒死を予防して下さい。

電灯のキャンドルライトであっても、自然光ではないので交感神経を刺激しやすいですから使わないほうが無難です。

 

心身を癒やす秘訣

上記から電気を消して39度前後のお風呂で入浴してみると面白い体験しました。

薄暗い浴室で癒しのお風呂で自然にまぶたを閉じていると、毎日の神経過敏な生活から開放されて気持ちが良いです。

たまに落ちる水滴が滴る水音だけが部屋に響くだけで、他はシーンと静かな状態です。

これは瞑想状態と同じような環境なのでとても気持ちよくなりやすいです。

また、ジワジワと体温があたたまるので、とてもリラックスして入浴できて最高です。

足腰の疲れが取れるのと同時に目の奥のコリがほぐれて眼精疲労も取れてきます。

目だけではなくて神経や内臓の疲れなど、心身を癒す入浴方法を活用しましょう。

ただし、うたた寝には注意して下さい。

この入浴方法は予想以上にリラックスできるので睡魔に襲われるかもしれません。

湯船で寝てしまう人が多いそうで、溺死する絶対に避けたいはずです。

防水仕様タイマーを上手に使うほうが安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です