ヨーグルトの食べ方ご注意!腸の便秘外来医師が秘密暴露

ヨーグルトと食べれると便秘解消できると考えている人が多いでしょう。

確かに、美容、健康、ダイエットにとって、便秘は腸内フローラを作る上でマイナス要因です。

そこで、積極的にヨーグルトを食べて乳酸菌などの腸内細菌のバランスを保ちながら老廃物を排出するのは大切です。

朝食や小腹が空いたときに、ヨーグルトを手軽に食べて腸活している女性は多いと思います。

しかし、便秘外来で有名な小林弘幸医師によれば、ヨーグルトの効果を完全に引き出していない人が多すぎるそうです。

そこで、世間ではあまり知られていない「腸に最も効果的なヨーグルトの真実」を徹底解説します。

 

■ 食べるなら夕食後

ヨーグルトを召し上がる最も効果的な時間帯は「夕食後のデザート」です。

調査してみると、ヨーグルトを食べるタイミングは朝食や小腹が空いたときのおやつというイメージが強いです。

しかし、これだとヨーグルトの効き目を最大限に活用しにくいです。

以下、ヨーグルトを食べる重要ポイントを解説します。

 

(1)食後なら菌が元気!

空腹のときは胃の中に胃酸が充満している状態ですから、ヨーグルト菌が腸に到達する届く前に死滅してしまう可能性が高いです。

つまり、食事すると胃酸の分泌が安定するため、ヨーグルトを食べるなら食後に食べるほうが整腸作用を期待できます。

 

(2)時間帯は夜に食べる

ヨーグルトは夜に食べると効果倍増します。

就寝してから4時間が腸がもっとも活発に動くことから、“腸のゴールデンタイム”と呼ばれています。

ゴールデンタイムを意識すると、夜しかも夕食後がおすすめです。

ただし、ヨーグルトは脂肪分も多いのでダイエット中の方なら、寝る直前よりも3時間前までに召し上がるのが良いでしょう。

 

食べる量は1日200g

真面目な人ほど大量に食べようとしますが、これは無意味です。

ヨーグルトは1日200gを目安に食べるようにしてください。それ以上摂ってもヨーグルトの恩恵はほとんど変化しません。

いくら美肌やお腹の調子を整えたり肥満解消に役立つとしても、頑張って食べ過ぎると逆効果になる恐れもあります。

お腹を壊したり内臓脂肪を増やしてしまうなら公開してしまいます。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌は、大腸や小腸などで長期間生存して働けなくて約7日間前後で体外に排出されてしまいます。

そのため1日だけ集中してたくさん食べても効き目が期待できないならば、毎日こまめに摂るほうが重要です。

 

1ヶ月ごとに品物を変える

最新情報として、ヨーグルトの種類を1ヶ月ごとに変えると、あなたに最適なヨーグルトが見つかりやすいです。

店頭で販売されているヨーグルトの品名はたくさんあります。

つまりすべての種類には異なる菌と作用があります。

ある一定期間だけ、至極の商品を発見してお腹の調子が絶好調だとしても…

しばらくするとその効果を感じなった経験している人が多いです。

その理由は、ヨーグルト菌は同じ環境下にずっと安住していると労働しなくなります。

人間と同じで慣れてくるとサボりがちになるようです(^o^)

したがって、大体30日を目安にして今までと異なる商品を購入して違う菌を入れてあげてください。

その結果、腸内細菌の刺激を引き起こして腸内フローラの状態を活性化できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です