正しい糖質制限の方法!3食中で1食の炭水化物を抜く理由

世の中にはダイエット情報があふれています。

しかし、そのすべてが正しいわけではないのが問題です。

「短期間で簡単にやせる!」などの極端なダイエット方法はオススメできません。

短期的にダイエット成功してもリバウンドしやすくて肥満体になりやすいです。

そこで、リバウンドすることなく体重と体脂肪を徐々に減らし、適正な体重をキープしつつ、体型もよく見せるための方法を紹介します。

 

糖質の過剰摂取が太る原因

当然のことながら、カロリーを制限し適正な食事量に戻せば、体重は必ず落ちます。

炭水化物抜きダイエットなどで知られる「糖質制限」がここ数年ブームになっていました。

これにも問題があるのですが、現代人は糖質を過剰に摂取して脂肪が増え太りやすい生活習慣です。

つまり食事で中性脂肪を増やさないために、白米やパンなどの糖質、スイーツなどの糖分が多く含まれるものを食べ過ぎないことが重要です。

 

3食中「1食」炭水化物を食べない

どのように糖質を制限すると安全に実践できるのでしょうか。

糖質の摂りすぎが脂肪の増える要因になるとはいえ、炭水化物を全く食べないのは危険です。

極端な糖質制限をしてる人がいるけど、いつも肌荒れがひどくて絶対にバランス悪いです。

またご飯を食べないで沢山のおかずをたべるので塩分摂りすぎで不健康だと思われます。

要するに、正しい糖質制限とは、過剰摂取した糖質量を正常値に整えることです。

1日にどのくらいの糖質を摂取するとよいのでしょうか?

厚生労働省によれば、1日に必要な炭水化物は、総エネルギー必要量の50~65%とのことです。を目標としているのだとか。

お役所が算出したデータですし、もちろん個人差がありますから、正確は数値は定かではありません。

糖質をどれくらい減らせばよいのか実に曖昧でわかりづらいです

そこで、ダイエットのために正しい糖質制限をするなら、1日3食のうち1食だけ炭水化物を抜くのが適当だといわれています。

医師から糖質をむやみに制限するのは良くなくて、摂取カロリーを守りその半分は炭水化物で摂るように支持されています。

太りぎみな人は炭水化物を取りすぎな傾向ですけど、あまり太ってなくて食べ過ぎていない人は普通量を食べれば大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です