胃がん死亡率ワースト1位は何県?

日本人の死因として多いのが“がん”です。

女性の場合は35歳~84歳まで、ガンが一番高い死因になっています。

部位別で調べてみると、胃がんは死亡者数が男女でワースト2位です。

女性だけで見るとワースト3位です。

健診からご無沙汰の専業主婦や自営業者の方は、かなり不安かもしれません。

胃がんの死亡率は地域別に若干の違いがあります。

そこで厚生労働省の情報から、胃がんの危険度が高い日本国内の地方を紹介します。

要注意の自治体に住んでいる方は、「実費でも健康診断を受けなきゃ!」と思い切るためのきっかけにしてみてください。

 

和歌山県がワースト1

胃がんリスクで最も要注意なエリアはどこでしょうか?

厚生労働省は5年ごとに、胃がんの死亡率の高い都道府県の調査発表を公開しています。

平成22年とデータがちょっと古いですがまとめると、

ワースト1位は和歌山県です。

秋田県、奈良県、新潟県、栃木県というワースト順位の結果になりました。

当然ですけど上記の順位は、固定化されているわけではありません。

過去のデータをさかのぼってみると、毎年順位は変わっています。

青森県や秋田県を中心とした東北、栃木県や茨城県や群馬県などの北関東は、他の地域と比較すると胃がんの死亡率が高い傾向があるようです。

新潟県・富山県・石川県を中心とした北陸、紀伊半島の和歌山県・奈良県などの地域も絶対的に注意してください。

和歌山になると、紀州梅干しの塩分が多いから塩分摂取量が心配です。

 

胃がん原因

塩分の多い食べ物は胃がんの原因です。

国立がん研究所によると、塩辛い食べ物は最も危険な胃がんリスクです。

野菜や果物を食べない、薫製食品を毎日食べたり、喫煙などが胃がんのリスクがどんどん高くなって危険です。

厚生労働省の別の資料を見ると、東北や北陸、北関東などの地域は野菜の摂取量こそ多いですが、“食塩の摂取量”も高いという傾向があります。

やっぱ、沖縄は日本全国的に塩分摂取量が少ない事は昔から同じです。

沖縄は他の都道府県よりも胃がんによる死亡率が低いですが、食塩の摂取量もダントツで少ないエリア。

やはり注意すべきは塩分なのですね。毎日の生活習慣や食事メニューを考える中で参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です