風邪予防の食材!免疫力UPする食べ合わせ効果を紹介

風邪になりたくない!誰でもそう思いますよね。

喉が痛い、喉のイガイガに辛い咳、鼻水、発熱やダルい…など風邪の症状は多岐にわたって早く治したいと思います。

「風邪をひいたくらいで学校や仕事を休めない」という方々が多いです。

インフルエンザや風邪が流行している時期には、手洗いうがいをしっかりやっていても免疫力を養うのも大切です。

そこで今回は、「風邪予防するための素晴らしい食材の組み合わせ」を紹介したいと思います。

十分に栄養補給しながらウイルス対策をオススメします。

 

■風邪予防の食べ合わせ

【1】バナナ×ヨーグルト

ヨーグルトにバナナ、キウイフルーツ、リンゴやを入れて食べてみるのをオススメします。

免疫細胞が集中している腸の状態を良くすると、免疫力が上がって風邪の予防に作用します。

腸内環境を整えるために役立つ食材を摂りましょう。

免疫力が高い状態を保つためにイチオシなのが、食物繊維と乳酸菌を豊富に含む食材を選択してください。

【2】キャベツ×肉・魚・卵

キャベツやブロッコリーに含まれるビタミンCには、細胞や血管を強くする免疫力を高める効果を期待できます。

一方、肉、魚、卵やチーズや大豆等に含有されるたんぱく質も非常に大切です。

タンパク質はアミノ酸になりますので、細胞や血液や粘膜などを再生したり機能アップに作用し、免疫力を活性化してくれます。

つまり、ビタミンCとたんぱく質を同時に摂取すると、体質改善や風邪予防に最適です。

ちなみに、ビタミンCを含む食材として、みかん、キウイ、イチゴ等のフルーツの他に、ゴーヤ、赤ピーマン、レモンなどの野菜が挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です