生活習慣病予防?お茶とコーヒーの効果的な飲み方

いつも当たり前のように飲んでいるお茶の中には、生活習慣病の予防や改善に役立つ様々な健康効果があります。

あなたでもいろいろな情報サイトをご覧になって熟知しているかもしれません。

カフェイン入りやカフェイン無しの飲料にはメリットとデメリットがあります。

「毎日飲んでいる」のも大切ですけど、、「1日何杯飲んでいる?」という観点から生活習慣病を抑える効果が高まります。

美容と健康のエイジングケアを再確認して、より効果的な飲み方をお伝えします。

お茶とコーヒーの効果的な飲み方を解説します。

緑茶は多く飲むほど効果があるといわれています。

国立がん研究センターなどが実施している研究で、毎日コーヒーや緑茶を飲むと心臓病や脳卒中のリスクが減るという結果が明らかになりました。

緑茶・コーヒーを飲む効果と脳卒中の発症の関係性について様々なデーターがわかってきました。

基本的に緑茶は「1日1杯未満」から「1日5杯以上」まで、摂取量が増えるほど死亡リスクが低下する傾向にあります。

血圧の調整や体脂肪減らしたり、脂肪分解、血糖値を改善するカテキン、

血管を健康に保ち、呼吸器機能の改善効果を期待できるカフェインの効果を享受できます。

ただし、最近ではカテキンなどの有効成分をてんこ盛りに添付している飲料が増加傾向です。

トクホや健康機能食品に該当する製品には1日の摂取量の目安が記載してありますので、容量を守りましょう。

ちなみに、コーヒーの適量は3~4杯くらいです。

コーヒーに関して、「ほとんど飲まない」よりも「1日3~4杯」飲む方々は死亡リスクが25%前後も低下するそうです。

ところが、5杯以上を常飲する人は「2杯程度」の効果効能のレベルに落ち込んでしまうことが明らかになりました。

ちなみに、死亡リスクが減るのは心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患です。

血糖値を改善してくれて、血圧を調整する効果があるクロロゲン酸や、血管の機能を改善するカフェインの効果を知らないのはもったいないです。

紅茶にも健康効果あるのをご存知ですか?

コーヒーや緑茶ほど知られていませんが、紅茶にもカテキンやフラボノイドが含まれています。

紅茶の抗酸化防止効果のお陰で、美肌や生活習慣病予防に効果があります。

他にも、カフェインには疲労回復、ストレス解消も期待できます。

茶葉に含まれるビタミンやミネラルを意識して摂取したいなら紅茶の美容効果も大切です。

おいしいから飲むのが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です