iPhone機種変更お得条件!容量は?知らないと大損のスマホの秘密

現代人の必需品ともいえるスマホは、若年層を中心に普及率は右肩上がりです。

存分に使いこなしているつもりでも思い込んでいるだけかもしれません。

余分な機能を登録して無駄使いをしていたり、セキュリティが不十分というユーザーも多いかもしれません。

そこで、間違いだらけのスマホ知識を改善するために「スマホ情弱検定」の内容の一部を解説します。

 

容量

iPhoneに機種変更する時に最もお得な容量は何でしょうか?

1) 16GB
2) 32GB
3) 64GB以上

コストだけを考慮するなら16GBになりますけど、進化し続けるアプリに低容量では対応できないかもしれません。

ハイスペックが必要なアプリをサクサク使いこなすには、iPhoneなら64GB以上は必要です。

昔は一般的な使用方法なら16GBで間に合っていました。

しかし、アプリが進化するにつれて容量の負担が増加傾向ですから、16Gでは物足りないです。

容量が少ないと円滑な動作ができなくなって不便です。

最終的なコスパを先読みするなら、32GBより64GBにして初期投資をケチらないほうが後悔しないでしょう。

 

機種変

スマホを機種変更する際に、コストパフォーマンスを最優先にする場合にはどんな選択するのが一番お得でしょうか?

1)MNPを活用して他社スマホに乗り換える

2)同一キャリアでの長期契約割の優遇を使う

3)家族割を考慮してキャリアを選ぶ

初めて携帯電話を購入してからずっと同一キャリアを使い続けているユーザーが意外に多いです。

長期契約の優遇を抹消するのがもったいない!という理由で「2)」を選択したがる人は、商売人に向きません。

単なるいい子チャンとしてカモになるだけです。

ドコモ、au、ソフトバンクの料金プランはほぼ横並びで代わり映えが無いです。

つまり、機種変のときに大きく割引を受けれるのかが重要です。

最もメリットが高いのは「1)」です。

思い切ってMNPをやりましょう。

利用者獲得に血眼になっているスマホ業界では、MNPによる割引応戦も過熱しすぎです。

高額なキャッシュバックで顧客獲得競争が行き過ぎていて、近いうちに全面的に見直される可能性もあります。

コスパを優先するなら、2年毎にキャリアを乗り換え続けるのが最良です。

家族割を考えるなら、家族全員が一緒に乗り換え続けると、素晴らしい特典を獲得できて圧倒的にお得です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です