高収入の男性がユニクロのインナー等を愛用する理由

「ユニクロ」に関する意識調査の結果が興味深いです。

ユニクロの衣類を着る人々の所得層は1000万円以上の男性にも支持されているそうです。

低価格でありながら高品質で知られているブランドの「ユニクロ」ですが、高所得層がユニクロを愛好する理由があります。

「ユニクロ」の商品を貫く合理性は、合理的な思考を好むエグゼクティブ層の発想に通じるからです。

値段だけでは購入するかを決めない経済力がある男性にとって、「ユニクロ」の服を買う目的は、単純に衣類を購入するだけでなくて他にも意味があるようです。

服を買い揃えるときに「格好良くなりたい」「服がほしい」など様々な理由があります。

社会的地位や自尊心が高い男性ならば、「自己流で好きな服を自由に着こなして外出したい」という思いがあります。

服装をみれば個人の性格や経済状況などを把握しやすいです。

そういう男性にとって、「ユニクロ」は扱いやすいブランドだと考えられます。

ユニクロの服は、もともと誰でも自由自在に着こなせるような機能性とデザイン性が高いので、大人の男性には好感度が高いです。

年収が億万長者であっても、ユニクロを積極的に買います。

ヒートテックや無地のインナー、靴下や寝巻き等、自宅着としては利用価値が高いです。

「ユニクロはインナー等、見えにくい物だけしか買う。」という男性が多いです。

お金持ちがユニクロだけでオーダーメイドするとは考えにくいです。

ハイブランドやセレクトショップでも高い服を購入して、使い分けています。

「使い捨て用にユニクロ」「長年着るのは高級ブランド」と区分けしている人が多いかもしれません。

特に年収には関係なくてユニクロブランドは人気だと考えられています。

一般的にユニクロは、品質、素材、縫製、耐久性などの観点から価格以上のメリットが高い点で購入する動機になります。

定番商品が多く、継続買いがしやすいところもあります。

ユニクロでロングセラー商品は追加購入したくなるように意識して製品化していて安心感を与えてくれます。

その意味で言えば、電気やガスのような社会インフラに近づいていると言えるかも知れません。

生活必需品のアイテムは「ユニクロ」に当てて、パーティーや外出時のファッションは他に任せるという役割分担をするのが賢いかもしれません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です