顔うぶ毛剃りサボるとニキビ乾燥肌他と産毛処理の注意点

顔のうぶ毛を処理しないとヤバい!デメリットをしらないと魅力が激減しちゃう理由を徹底解説します。
うぶ毛が少ない人や、肌に悩みがない人は無理やり処理する必要はありません。
しかし、敏感肌や乾燥肌やメイク崩れに悩む女性は、もしかすると、うぶ毛処理を怠ることが原因のひとつかもしれません。
そこで、顔のうぶ毛をサボることで思い悩むデメリットを紹介します。

 

乾燥やニキビなど

うぶ毛放置で起こるデメリットを知らないと後悔しますので、以下をご覧ください。
うぶ毛が多い人は、放置することでこのようなデメリットを引き起こしやすくなるため、定期的に処理するとよいです。

【1】顔色のくすみ

うぶ毛の色は黒いのを知らない人が多いです。
実は細くて識別しにくいのですが、黒色ですからくすんで見えやすいです。
うぶ毛がたくさん顔を覆っているので、薄い毛の畑で顔を覆っているのと同じです。
顔色がワントーン薄暗くてくすんでいるように感じるかもしれません。

【2】化粧のりが悪い

ファンデーションのノリが悪くなるのが困ります。
うぶ毛がたくさんあると、ファンデーションの吸着力が弱くなります。
ファンデーションのノリが悪くなって、メイク崩れがひどくなってしまいます。

【3】肌が乾燥しやすくなる

うぶ毛が多い人は、肌が乾燥しやすいです。
うぶ毛は肌表面の皮脂を吸収するため、うぶ毛が多い人ほど肌が乾燥しやすくなります。
また、うぶ毛が肌表面を覆っているので、化粧水や美容液などの吸収や浸透を妨げることもあります。

【4】ニキビ・吹き出物ができやすい

表皮の余分な皮脂や老廃物はうぶ毛に張り付きやすくて、毛穴の詰まりやシミになりやすくて、ニキビや吹き出物の原因になりやすいです。

 

うぶ毛処理の注意点

うぶ毛処理でワントーン明るいツヤ肌を手に入れるなら以下を注意して下さい。

【1】生理前や肌荒れの時はダメ

生理前はホルモンバランスの影響で肌が荒れやすいので、生理後に行うとよいです。
また、ニキビや吹き出物をはじめ、肌荒れをしているときは、肌質が良好な状態になるまで待ってからうぶ毛処理を行うとよいです。

【2】処理後は保湿が大切!

日焼け止めも忘れないでください。
うぶ毛処理の後は、きちんと保湿することが重要です。
日焼け止めや日焼け止め効果が期待できるメイク下地は年中使用してほしいです。
特にうぶ毛を処理したときは、冬でも紫外線対策を実践してほしいです。

【3】処理のやり過ぎはダメ!

産毛処理は3週間に一度を目安にしてください。
うぶ毛を剃ると顔がワントーン明るくなって、メイクのりもよくなります。
そのため、どうしても頻繁に剃りたくなりますけど、うぶげ処理をやり過ぎると逆効果です。
肌表面の大切な角質まで剃り落としてしまうと乾燥や肌質を悪化させます。
3~4週間に一度を目安に産毛の処理をやってください。

【4】顔用の電動シェーバー

顔への負担を少なくし、肌を傷つけるのを防ぐには、顔用の電動シェーバーが圧倒的におすすめです。
通常の顔用カミソリを使用する場合は、顔剃り用のクリームを使って、同じ場所は2度剃りしないように心がけて下さい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です