不倫慰謝料は巨額!ベッキー不倫の代償の秘密暴露

ベッキーとの不倫が明るになった「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の二人には試練が待っています。

スクープした「週刊文春」が掲載した川谷の妻の告白文を読んで、不倫の末路は悲しいなぁと思いました。

結婚の事実について
女性ファンの多さを理由に川谷絵音から発表を禁じられ、身内だけで結婚式さえ挙式もできなかったそうです。

また、ベッキーの会見翌日、電話で「代理人を立てるしかない」ことと謝罪さえなかったなど、

川谷の“ゲスの極み”の超えた言動を明かしている記事です。

これが事実なら本当にゲス野郎ですね。

そもそも、川谷が結婚の事実を明かしていればこのような悲劇にはならなったはずです。

ベッキーは女子会仲間の森カンナ、吉高由里子、森三中の黒沢に川谷との恋愛相談していたそうです。

女子会メンバーは『不倫だから諦めるほうが良い』と反対していたとの話もあります。

しかし、ベッキーは不倫の道を選択してしまいました。

ベッキー自らが不倫を選んだのから自業自得で、待ち受けているのはお金のの問題が一つです。

話し合いで解決できないで裁判になった場合、一般的には婚姻期間が短いので慰謝料は100万~300万円、多くても500万円だそうです。

協議の場合は当事者相互が合意できた金額、特に“不倫被害者の妻が納得する金額”となります。

つまり、ある意味『慰謝料の上限』がないに等しいのです。

さらに、ベッキーの釈明会見の内容から判断して慰謝料の金額に大きな影響を及ぼす可能性が高いです。

会見で不貞関係を否定し、言い逃れをしているのはだれがみても明らかです。

不倫関係が明白に認められるのに言い訳がましい否定を言っているだけだと判断された場合、慰謝料の急騰が予想されます。

また、マスコミ報道そのものが妻の精神的苦痛を負担増になるので、慰謝料が一般人よりも高騰になりやすいです。

奥さんの精神的苦痛が最たる物だから、損害賠償(慰謝料)は相当な額を提示しても納得できます。

もし裁判沙汰になれば、ひきこもってだんまりを決めているゲス川谷が一番の下衆野郎です。

ベッキーも川谷も精々ビクビクして待つんだね。

不倫の代償は余りにも大きいよ。

忘れていけないのが「CMスポンサーの違約金」が莫大な額になりそうです。

契約違反をした場合、違約金はギャラの倍が通例です。

ベッキーは1本のギャラが約2000万~3000万円なので、不倫報道のイメージダウンによる打ち切りは1本につき4000万~6000万円の違約金が発生しそうです。

仮に10本全部で違約金が発生すると合計4億~6億円と巨額になります。

テレビやラジオ等のギャラを合計すると年収3億円ほどになりそうなベッキーでも、不倫の代償は大打撃でしょう。

「卒論」のツケは高くつきそうですね。

ゲス嫁の誕生日にウェディングシューズ履いて記者会見している時点で反省していないのでしょう。

だから不倫ではなくて友達だって平気で嘘もつけるのかも。

結局、ベッキーは謝罪会見と銘打っているけど、スポンサーに対しての釈明だけです。

一番謝らなければならない奥様には一言も謝罪しないのが許せません。

不倫を否定しているから被害者の妻に謝らないのが納得できません。

この問題を鎮静化させるにはベッキーを出演番組、CMから全部降ろす事だ!という意見があります。

そうすればみんな満足するかもしれません。

芸能人仲間がバカみたいに擁護していて、痛いすぎるだけです。

擁護する芸能人はほとんど浮気、不倫経験者ばかりで説得力がないです。

「類は友を呼ぶ」とはまさにこの事ですか!!

ベッキーは、不倫の代償として高い買い物をして人生経験を積んだと思います。

違約金など高額になってしまったけど、自業自得ですから仕方がないです。

周りの反対を押し切って、決別しないで不倫に突っ走って救いようがない女性タレントと言われても反論できないでしょう。

とは言え、ゲスが最も卑劣極まりないです。

だんまりを決め込む姿勢を許せません。

ミュージックステーション(Mステ)に出演した際に、

わざとらしく謝罪の意を込めてなのでしょうか、深々と頭を下げるシーンを見ていて笑ってしまいました。

タモリさんがスキャンダルで話題沸騰中の人物に話をフラないところが面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です