マスク依存症が増加中!心的外傷とストレス障害の問題点

マスクに依存者が増加中

マスクをしている人が増えているように思います。

風邪やインフルエンザの予防ではなくて、さまざまな問題が隠れているようです。

まず、コミュ障とも言われている社交不安障害者はマスクを身につけています。

社交不安障害とは、対人恐怖症として認知されている病状です。

他人からどのように思われているのか?」と異常に意識しすぎています。

対人場面・社交場面で過度に緊張をしてしまう病気です。

また、自分の顔が醜いと思い込んでいるような人、つまり、醜形恐怖症の人もマスクを常につけています。

しかし、醜形恐怖症の方のほぼ全員が醜い顔ではありません。

私自身、醜形恐怖症としてお会いした方は、全員、美男美女な人ほど、この恐怖症です。

ただ、これら社交不安障害などの不安障害が原因でマスクをつける人は昔から存在していました。

一方で、近頃では、精神の病を持っていない人がマスク依存症の方々が増加傾向なのが気になります。

その理由を聞くと、不安障害の人たち抱いている理由と同じです。

これは、マスクを着けようと意識していない方々が、マスクのつけ心地にハマってしまったのでしょう。

 

マスク着け続ける問題点

マスクをつけていると、他人から「感情読めない」「何を考えているか意味不明」という悪い印象を持たれやすくなります。

親密感が減ってしまって、良い人間関係を作るのがどうしても下手くそになってしまいます。

当たり前ですけど、初対面のときに、マスクで口元が隠れていると、顔の表情がみえなくて、印象に残りにくくて不安しか生じません。

マスクを着け続けると、コミュニケーションの意味が減ってしまってメリットは無いです。

相手と話すときは、マスクを外して会話するほうが人間関係をよく出来ます。

 

マスクつけるほうが良い

アレルギー性鼻炎と歯磨きが雑な時、電車とかで隣の人の口臭や体臭がくさい時にはマスクをつけても構わないです。

花粉症・アレルギー性鼻炎・ハウスダストに苦しんでいる方、年中風邪ひいている人、

唇・喉の乾燥もひどくて体調が良くない人、などはマスクを活用するほうがいいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です