朝食のヨーグルトはNG!効果アップする乳酸菌が効率良く働く摂り方

テレビや雑誌などで乳酸菌の働きが注目されています。

乳酸菌は腸内環境を整えることで免疫力を上げてくれて、インフルエンザや風邪の予防などにも効果があります。

毎日食べてるいる人もいれば、気が向いたときに食べている人もいます。

しかし、その食べ方を間違えると、せっかくの乳酸菌の効果を無意味にしてしまうかもしれません!

乳酸菌の働きを最大限に引き出すための効率良い食べ方をしているのかどうか確認してほしいです。

50%以上が朝ヨーグルト派?

ヨーグルトといえば、“朝食のイメージ”を持つ人が多いのではないでしょうか?

『腸内改善ラボ』のアンケート調査によれば、ヨーグルトを「いつ」食べるかという質問に、50%が「朝食時」、34%の人は「夕食時」や「夜食」と答えています。やはり、ヨーグルトは朝食べるという人が多いようです。

食後に食べると良い

ヨーグルトは朝食が定番というイメージが強いです。朝食を食べる前にヨーグルトを食べるという人も多いかもしれません。

じつは乳酸菌は熱や胃酸に弱いため、胃酸が薄まる食後に食べるほうが良いです。

また、胃酸に対抗できて生きて腸に届きやすい乳酸菌の乳酸菌シロタ株、ガセリ菌SP株・ビフィズス菌SP株などを選択するのがオススメです。

最近は、ロッテ『スイーツデイズ 乳酸菌ショコラアーモンドチョコレート』など、チョコレートでコーティングすることで、生きた乳酸菌が100倍腸まで到達すると評判高い製品も発売されています。

夜に食べるのがオススメ

朝にヨーグルトを食べるのがダメだというわけではありません。

夜に食べるほうがより生きた乳酸菌を効果的に摂れやすいです。

腸の働きは副交感神経が作用します。

活発に活動する時間は副交感神経が優位な睡眠時が大切になります。

胃から腸まで3~4時間で運ばれるため、夕食の後または夜食(デザート)としてたべるのがおすすめです。

自分の腸内フローラにあう乳酸菌

人から勧められて、一定期間、夕食後にヨーグルトを食べたにもかかわらず、とくに変化を感じられなかったり、効果を感じないという人もいるのではないでしょうか?

じつは、腸内フローラ(腸内細菌叢)はひとりひとり違います。

そのため、他人には効果的な乳酸菌が自分に適合するとは言えません。

自分の体質に最適な乳酸菌を摂ることが重要です。それには、最低でも同じ種類を14回は食べてみて自分に合うか合わないかを見極めましょう。

以上、乳酸菌を効率良く摂る方法を紹介しましたが、いかがでしょうか?

せっかく健康効果が高い乳酸菌です。効率よく摂取して、風邪やインフルエンザや花粉症に負けないで、健康に過ごしたいですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です