予防接種を受けてインフルエンザに感染は本当?ウソ?

インフルエンザの予防接種を受けましたでしょうか?

通常インフルエンザの予防接種を受けてから約14日程度が経過してからワクチンの効果を発揮すると言われています。

インフルエンザウイルスに感染するのを予防したいと考えている人は、毎年秋に受けることがすすめられています。

しかし、アメリカでは興味深い見解がネット上で普及しています。

予防接種を受けると逆にインフルエンザになりやすい!というようなウワサが騒がれています。

この情報が本当なのかウソなのか不明確なのですが、予防接種を受診する人が減少しています。

このようなインフルエンザについて、真相を解説します。

 

アメリカのインフルエンザ予防接種

アメリカのインフルエンザ予防接種の事情によると、予防接種を受けていない割合が30%以上という結果には驚きました。

そして、予防接種を受けなかった方々の中で、40%以上が必要性を感じないと回答し、残りの人たちは「副作用のリスクが恐いから注射を拒否する」と発言しています。

また、他の意見の中には「予防接種を受けるとインフルエンザになる」「効き目がない」という理由を述べているのが気になります。

 

予防接種で感染!ホント?ウソ?

インフルエンザワクチンを接種するために注射します。

予防注射の効果がないどころか感染しやすいのが事実なら、言語道断ですよね。

注射を接種後に、注射した場所が腫れ上がったり、筋肉の硬直や激痛がでたり、嘔吐や発熱の症状を訴える人がいるそうです。

実はこのような反応は稀にみられるそうです。

身体がインフルエンザワクチンに対する抗体を生成している症状だといわれています。

つまり、予防接種を受けることによって、インフルエンザに感染してはいません。

あくまで都市伝説にすぎませんので、安心して予防接種をうけて大丈夫です。

インフルエンザが原因で死亡者がいるのも事実です。

ワクチンがインフルエンザの感染予防するために最も有効ですから積極的に注射を受けるほうが良いとのことです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です