暴食症状ご注意!中毒性高い食品、アイス・クッキーより危険な1位は?

空腹でもどうしても食欲が止まらない危険な食べ物があります。

食べ始めたら満腹感で満たされても無性に食べたくなってやめられない食品ランキングをまとめてみました。

普段から食べているもののなかには、中毒性が高い食べ物がいろいろあります。

基本的に身体に悪いものは、どうしても中毒性を含有しています。

ポテチとアイスは確かにやめられない。

大学の研究者らが約1000人の被験者へのテストを実施し、中毒性のある食品ランキングの内容がとても興味深いです。

あなた自身が大好きなものが該当しているかいないかを確認してみてください。!

 

アイスクリーム

アイスクリームに入っている乳化剤が、常習性を植え付けてしまいます。

加工品や砂糖と脂肪分が多く含まれて高カロリーの食品は中毒性が高い傾向があるといいます。

つまり、味覚が「おいしい!」と感じるように調合剤や化学調味料などで味を調整しているものや、血糖値のバランスをずらしているものを食べると、人間は食欲が止まらなくなるようです。

アイスクリームはまさにこれに該当していて、中毒性が高い食品のひとつです。

気温が低い冬でも毎日食べたくなるほどの中毒性が高い人もいます。

おこたや暖房が効いた部屋で冷たいアイスクリームを食べるのが好きな人もいます。

安売り期間中でもまとめ買いしないほうが良いです。

3日に1個などの決まり事を設定して、食べるときに購入するようにしましょう。

 

ポテトチップス

化学調味料がふんだんに入っているのがポテトチップスです。

しかも粗悪な油と塩分を使っているので味覚を麻痺させてしまいます。

カルビーやコイケヤなどの市販品は味が濃いうえに、ビールが美味しくなります。

けど、袋をあけると食べきってしまわないと手が伸びます。

食欲が止まらない、空腹でもむさぼり食べるほど食べ続けてしまいます。

 

チョコレート

チョコレートを食べるとチョコレートハイとも言えるほどでドラッグを使用したのと同様の快楽物質を得られます。

チョコレートを食べるほど、どんどん欲しくてたまらなくなりやすいです。

よく言われていますけど、「スイーツは別腹」という言葉があるように、満腹でもチョコレートなどの甘いお菓子に関しては満腹であっても食べれるのが不思議です。

当然のことながら、食べるたびにカロリーが貯まるので注意してください。

 

クッキー

大学の実験と研究によると、クッキーをネズミに食べさせ続ける経過を検証した結果、コカインと同じような中毒反応がみうけられたそうです。

人間とネズミを比較するのは間違っていると思いますけど、体内の多いさや内臓機能などが違います。

今回の研究だけで正確なデータだといえません。

ただし、クッキーを食べ続けるのを我慢するのが辛くなります。

2.3枚だけを食べるつもりだったのについつい食べ過ぎてしまう衝動食いには注意してください

 

中毒性が高い第1位は…

なんと「ピザ」です。

ピザにはチーズ、クラスト、ピザソース、ハム、サラミなど加工食品の塊です。

とりわけ、チーズに含有されている“カゼイン”には麻薬のような常習性がある成分だと言われています。

ピザがコレほどまでに批判されてしまう理由だと思われます。

ピザ丸ごと一枚ではなくて1切れだけ食べても高カロリーの食品の一つです。

一人でついうっかり1枚食べきってしまうと後悔することにならないとは言えません。

自宅で映画鑑賞やスポーツ観戦のときにピザを食べるなら、できるだけ大人数でシェアするように心がけましょう。

以上、“中毒性のある食品ランキング”をお届けしましたがいかがでしたか? 筆者自身も一人暮らし時代によくありましたが、これらの食品は“孤食”すると止まらなくなります。

最後のピザの項目でもふれたように、これらの食品を食べたいときは、誰かと一緒に楽しむようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です