ドトールとスタバの違い秘密暴露!味や価格で優劣判断は間違い

コーヒー飲めるチェーン店として、スターバックスとドトールを飲んでどのような違いがあるのか分かるでしょうか?

コーヒーの価格では、スタバは高い、ドトールは安い!という価格の違い最初に気になる人が多いです。

大切な味の違いはどうなるでしょうか?

「スタバは美味しい、ドトールは不味い!?」とネット上でいう人もいますけど、本当でしょうか?

いや、そんなことはありません。

「ドトールは、安くても価格以上に美味しい珈琲を提供している」という意見もあります。

ブレンドだけで比べたら、ドトールのほうがおいしいと感じている人もいます。

ドトールは自社農場持っています。

豆の品質安定と安定供給できるので、低価格を実現できます。

一方スタバは、訓練を積んだバリスタが、技術を駆使して珈琲を淹れているのも事実です。

その手間を考えると、価格が高くなるのも納得できます。

また、ドトールコーヒーとスターバックスコーヒーの両方でバイトした人の投稿が面白いです。

その人によると、金額の違いだと簡単に言うのは間違いだそうです。

むしろ、貧乏学生ほどスタバで長居する傾向が強いとのこと。

スタバにするかドトールにするかはの判断基準は、コーヒーの味の違い、ドリンク種類、サイドメニューの違い、電源貸し出しの有無など他にもいろいろあります。

一番大きな違いは「禁煙、分煙」のあるなしです。

タバコ吸う方が長居したければドトールを選びます。

つまり、舌の肥えたお客がスタバに集まるわけではありません。

長居するときはスタバ、サクッと立ち寄るときはドトール、という判断基準はあるでしょう。

このような「空間の価値」というのはわかりますけど、両者の味はだいぶ違います。

スタバのコーヒーは、なぜか胸やけする人もいますから、好みが分かれるだけです。

ブラックストレート派の中には、ドトールの方が好みの味だしうまいという人もいます。

抽出されて時間が経過したスタバの本日のコーヒーなんて本当に不味いです。

フラペチーノはクリームをたっぷりのっけて誤魔化していると言われても仕方がないです。

人件費や店舗家賃を抑えて低価格路線のドトールに通う人の全員がお金がない!と言いきるのはとても失礼です。

要するに、コーヒーの味の好み、電源使いたいか否か、喫煙禁煙など、お客の需要によってスタバとドトールを選ぶだけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です