冬のむくみ&たるみ解消!老け顔予防の小顔マッサージ

忘年会や新年会と、飲み会や食事会などが連日続くシーズンになると、女性のだれもが悩みます。

それは顔のむくみです。

ハードスケジュールの繰り返しで知らないうちにどんどん顔がむくんでるような…。

久しぶりに友達とあうときに相手からの第一声が「顔が丸い」なんて言われると大ショックです。

そこで、自宅で気軽に実践できる“小顔マッサージ”の方法と効果を解説します。

 

冬は要注意!むくみの季節!

たるんだ顔で10歳も老ける!とういう衝撃のデータがあります。

対人関係を考えると、むくみ顔は随分と損をしていると思われます。

そもそもむくみにはライフスタイルが大きく影響しています。

冬の寒気による体の冷えや飲み会での過剰なアルコール摂取、ストレスの継続など。

これらは血液やリンパの流れを鈍化させて、余分な水分が溜まってしまうことから、むくみの原因として考えられています。

また、姿勢が悪いことや噛み癖によって、顔の筋肉の発達の仕方がいびつになってしまい、小さい顔になりくいケースもあるようです。

むくみとたるみで大顔になってしまって、垂れ下がるフェイスラインが原因で老け顔になるのは最悪です。

小顔マッサージにはどのような方法があるのでしょうか?

 

目元のむくみはリンパマッサージ

むくんだ目元はリンパを流してスッキリさせましょう。

まず、最速簡単に実践できて一押しなのがヘッドマッサージです。

基本知識として、頭皮と顔の皮は一枚で繋がっているのをご存知ですか?

垂れ下がった頭皮をケアすることで、目元のむくみ解消に絶大な効果を実感できます。

部分的な目の周りのツボ押しもかなりの効き目があります。

むくみの原因でもあるリンパの詰まりを解消することも重要です。

特に耳の後ろにあるリンパの流れをスムーズにするのが大切なので十分に指圧して流しきりましょう。

また、耳には多数のツボがあります。

耳をつねったり引っ張るだけでも、期待以上の目元のたるみを改善できます。

 

表情筋トレーニング

顔全体のたるみには表情筋を鍛えるのをおススメします。

たるみ防止には普段あまり使わない表情筋を鍛えることが手っ取り早いです。

舌を口から突き出して、上下左右に大きく動かすと、最初は疲れますけど慣れてくる頃には引き締まるかもしれません。

他には、口の中で舌を、歯茎の外側に付けてゆっくりと右周り、左回りを各20回ほど毎日してみてください。

ほうれい線や二重アゴなどの予防改善に役立ちます。

また、顎下から耳の後ろ側までリンパマッサージのようにゼイ肉を流すような想定で引き上げるマッサージを継続すると爽快になりやすいです。

たるみには骨や筋肉に直接アプローチして骨の位置を矯正し、小顔・美肌効果が得られることで話題の“韓国式骨気”も人気がありますよね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です