寝起き口臭撃退対策!口臭くなる寝る前のNG生活習慣を暴露

寝起きの口臭がきつくて悩んでいる方々は多いです。

こんな経験はどなたでも大なり小なりあるかと思います。

他人がいないときなら構いませんが、大好きな彼氏彼女と一緒に朝を迎えるなら、ニオイがしないように最善の対策をしときたいはずです。

そんな寝起きの口臭に悪影響な原因が、なんと誰でもいつも行っている寝る前のとある行動に関係している可能性が高いです。

そんな寝る前に絞って、朝の口臭を悪化させてしまうNG行為を紹介しましょう。

翌朝にニオイを気にせず爽やかに迎えられるように、毎晩の行動を見直してみませんか。

 

歯を磨かない

すでに当たり前といえばその通りなのですが、歯磨きが一番重要です。

歯を磨かず口の中に食べカスが残っていると、細菌の格好のエサとなって、睡眠中に細菌数が恐ろしいほど増殖します。

歯を磨かないで寝るのは、口臭の原因であり菌にエサを与えて育成しているのと同じです。

歯磨きと同時に、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使って歯垢をしっかり取り除くことが重要です。

また、舌根の掃除も忘れないで下さい。舌に残る不純物ともいうべき歯垢のようなものも口臭に直結します。

薬局でされ、舌掃除ブラシが販売されています。

 

アルコール摂取

アルコールは、分解される途中で身体の水分を奪って消費します。

つまり、飲酒によって寝ている間に体内の水分量が減り、唾液も減って口の中の細菌が繁殖し続けてしまいます。

またアルコール自体にも臭いがあるので、寝起きの口臭が…鼻が曲がるほどのニオイに影響を与えます。

胃のニオイも口臭に関係します。

ハンバーガーやポテトチップスやラーメンといった、アブラっぽいニオイを感じる食べ物も、寝る前に食べると翌朝の口臭の元となってしまいます。

 

水分不足

夜中トイレに目を覚ますのを嫌がって、寝る前に水分を控えるのは絶対にダメです。

体内の水分が減ると、口の中が渇いてしまいます。

その結果、唾液の分泌量が減ってしまって、殺菌作用と細菌撃退する能力が衰えます。

睡眠中は通常よりも唾液の分泌量が少なくなるのに、この上に水分をとらないで乾燥が進むと、細菌繁殖の勢いを倍増させてしまうだけです。

また、睡眠中に口を開けて寝る人は、口が渇くのと同時に空気中から様々な細菌類を吸い込んでしまって、稀なニオイの根源になってしまいます。

できるだけ回避するためにこまめに水分補給をして口の中を潤うように意識しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です