40代女性が転職成功と採用者に気に入られるポイント

年齢が高くなればなるほど転職に不利と言われるなかで、

管理職、専門も持たない場合の40代女性の転職は企業側から見てどうなるのでしょうか。

だが、40代で専門知識や専門技術を持っていない女性であっても転職を成功できないとは限りません。

仕事を速やかに成果を優先するならば、個々の能力が大切ではないでしょうか?

この点では、見た目や若さを求める日本企業があるならば、それは間違っているとも言えます。

転職する際に、エイジハラスメントがなく転職できる世の中になって欲しいですね。

しかしながら、40代女性が転職するのは難しいのが現実です。

今回は転職を成功するためにポイントを検証します。

 

転職成功の秘訣

まず、第一印象を良くする気合が大切です。

応募時のエントリーシートに使用する写真と面接での対面が最重要です。

実年齢と比較して若々しく明るく元気な印象を与えるのが良いです。

性格がきつく見えない、年下の人からも歓迎されそうに見た目や印象を整えることが、実は大きな効果があります

生活感がにじみ出て、老け顔の写真は致命的にダメです。

採用基準の年齢を超えていなくても、履歴書の写真で採用を敬遠される可能性は高いです。

写真はさわやかな印象とちょっと口角が上がっているものが最良です。

第二のポイントは、自分自身の得意分野やアピールポイントを端的に伝えましょう。

アシスタント業務や派遣契約の勤務が長期間であっても、自分の強みを鮮明にして他人との差別化を明確にするのが大切です。

パソコンのスキルは大差がないので、プレゼンテーション能力や集客力がある等のスキルを示しましょう。

これを踏まえて職務経歴書を作成し、面接する際の質疑応答をイメージして準備しておくのがおススメです。

 

リーダーシップと管理職

正社員で雇用する時には、3年後、5年後も働いてもらうことをイメージします。

「頑張ります」だけでは信用されません。

また、リーダーなどの管理職を期待できるか見られています。

専門性を磨き習得する意欲があるかどうかなど、中長期的でのビジョンを自分なりに見せられるようにしましょう。

採用側としては、可能性や伸びしろがある人間を起用したいのを理解しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です