高級フレンチ店でのNGマナー!勝負ディナーで恥かかない秘訣公開

高級なフレンチの店で食事する女性はご注意して下さい。

最低限のマナーを知らないのと、間違ったマナーで男性とお食事に行って恥をさらすと最悪です。

これからの時期、クリスマスディナーや年末年始で高級なフランス料理を召し上がる女子は油断してはいけません。

教養がない女性だと思われると意中の男性を口説き落とせません。

女子力を示すためにも正しいマナーを実践しましょう。

細かい食事のマナーを知らない…という不安を抱いている方は以下を熟読して意識しましょう。

大人の女性なら知っておきたい高級フレンチ店でのマナーを紹介します。

 

■■気合の入れ過ぎに注意!

「デートだからといって服装やお化粧の身だしなみに気合い入れすぎると逆効果です。

ワンピースなどの小奇麗なコーデであれば問題ありません。

不安な場合は、事前にお店に電話したりホームページでドレスコードを確認するのをおススメします。

リップオフが基本

食事する前はリップを“軽くオフ”していおくのが礼儀です。

口紅やグロスを塗りすぎている状態で食事すると、グラスや食器に気持ち悪いほど張り付いて素行が悪い女子だと勘違いされてしまいます。

食事の前はリップを軽くオフして入店するほうが良いです。

むしろ、塗らないほうがベストだと思います。

キツイ香水はNG

繊細な味付けやソースの香りやワインの香りを阻害するほど香水をつけるのは厳禁です。

周りのお客さんにも大迷惑です。

食事相手にも一押しのコースをマズく感じさせる可能性が高くなります。

音がなるヒールは控えるべき

カツカツ音がするピンヒールを履いて歩行するのは注意して下さい。

静かな店内を、カツカツ音がするヒールで歩くのは、とても行儀が悪いです。

あまり格好よくないですし頭が悪い女子だと思われるかもしれません。

できるだけ音がしない靴を選ぶほうが気遣いを感じられます。

 

■■事を楽しむコツ

食前酒を必ず注文!

食前酒を“頼まない”はNGです。

食前酒を楽しむのはテーブルマナーのひとつだと認識しましょう。

お酒が飲めない方ならノンアルコールカクテルやペリエなどを注文して、その場の雰囲気と会話を楽しみましょう。

アルコールが苦手なら無理してお酒を召し上がる必要はございません。

会話に夢中になりすぎ厳禁

おしゃべりに夢中になりすぎて、食事のペース配分を乱さないようにご配慮してください。

配膳しているサービスマンは、お客様の食べる速さをチラチラ見ながら次のメニューを用意し始めます。

会話に熱中し過ぎると食事が冷めて美味しくなくなったり、相手が完食していると無駄に待たせてしまいます。

テーブルに出てきた料理は、温かい間に食べるのが料理人へのマナーです。

周りとできるだけ召し上がるペースに合わせる配慮も大切です。

料理は残さないが理想

苦手な食材は、事前にお店の方に伝えておくとよいです。また、たくさん食べられない人は、量を少なめにしてもらうよう伝えておくのがおすすめ。

写真撮影に注意

写真を撮るときは一声かけて許可をとりましょう。

また、フラッシュ無しと無音カメラが常識です。

料理の写真を撮ることは控えた方がベストです。

撮りたい場合は、お店の方とお話してから撮影しましょう。

周囲の食事を邪魔しないのは最優先して、フラッシュ機能をオフにしてカメラのシャッター音を切る配慮が大切です。

ナプキンの取り扱いに注意!

ナプキンをたたむのは「おいしくない」のサインだと覚えておいてください。

化粧室に行くために席を立つときや食後にナプキンをキレイにたたむのはNGです!

「食事がマズい」というサインを表現しています。

ナプキンは軽くクシャッと丸めてテーブルに置くのが良いです。

 

■■会話と雰囲気を共有

お店の方と会話する余裕を示すとフランス料理を思う存分に楽しめます。

周囲に配慮ができる女性は、一緒に食事をした男性の目にも魅力的にうつるはずです。

「支配をするのだから、素晴らしいサービスを受けるのは当然」という女性は嫌われます。

周囲からこのような女性を拝見すると気持ちよくないです。

周囲の人への心配りの他にお店と料理への尊敬の念を与えるのが正式なマナーです。

お皿を下げてもらうときに「おいしいです」などの会話をするだけでもお店側と自分自身も和やかな雰囲気で食事を楽しめます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です