生理痛やPMSに効果あり?月経カップのメリット・注意点・使用方法

「月経カップ」ってご存知ですか?

欧米ではよく使われている生理用品の一つです。

生理中、膣内に挿入して経血を受け止めてくれる、シリコン性のカップです。

全ての女性の望みとして、生理期間を少しでも楽に過ごしたいというのは万国共通です。

毎月のこととはいえ、生理期間を少しでも快適に過ごしたい!というのは全ての女性の望みではないでしょうか。

生理中は蒸れたりかぶれるし、匂いも気になるし、生理痛もきつい。

生理前にはPMSに悩まされている女性も多いです。

生理用品「月経カップ」が多少なりとも快適に切り抜けてくれる効果を解説します。

使用とお手入れ方法

月経時、弱酸性石鹸とぬるま湯で手全体ををきれいに洗ってから、カップを折り畳む様にして膣内に装着します。

タンポンを使用時よりも深く挿入する必要はなく引き抜くためのつまみが隠れるほどで十分です。

生理中は毎日ぬるま湯と低刺激の石鹸で洗い、生理が終わったら煮沸消毒します。

手が毎回汚れそうだし、鍋で煮沸消毒するのが気持ち悪いと感じるなら抵抗があるかもしれません。

けど、布ナプキンを愛用してる人にとっては興味あるのも納得できます。

次の生理まで布袋に入れて保管します。

愛用者の知人によると、すごく便利なので使い続けています。

初めは装着に慣れるのに苦労するけど、練習してコツをつかみました。

慣れに時にはこぼしてしまったこともあったけど、ナプキン使用しても失敗することを考慮するとそれほど負担感は少ないとのこと。

月経カップの疑問点

「出すときにこぼれたりしないの? 洗うのも気持ち悪いし、使いたくない」

「長時間入れたままで、そこにどんどんたまっていくんでしょ?体に悪そうなんだけど…」

「PMSがカップを使う事によって改善されるとは思わない。」

というご意見はその通りだと思います。

最初は抵抗あるでしょう。

ただでさえ生理痛で体調がすぐれないのに、膣内に異物を挿入するというのに抵抗があるという女性も多いと思います。

当初は毎日使用しないで、休日などの自宅で交換できるタイミングだけ使って少しずつ慣れるのをおススメしま

月経カップのメリット

「ムレない。かぶれない」のがうれしいですね。

しかも、経血が空気に触れる前にカップに溜まるので独特な嫌な匂いを防御できます。

長時間の使用が可能で、布ナプキンよりも洗浄が簡単です。

洗浄をこまめにすればくり返し使えて経済的です。

タンポンのように毒性ショック症候群を誘引する事例を聞いたことがないほど安全性が高いです。

つまり、タンポンや生理用紙ナプキンに比べて有毒物質を胎内に取り込む危険が低いとも言えます。

まずは生理が軽めで余裕のある日に練習しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です