歯が黄ばむ紅茶やコーヒーに黄ばみ着色予防する飲み物は何?

コーヒーや紅茶を飲んだ後にはカップに茶色い跡がついてしまうし、歯にも容赦なく着色してしまいます。

素晴らしい笑顔で微笑んでもいても、その好印象を台無してしまう黄ばんだ歯をどうにかしたいと思ったことはないですか?

汚らしい着色を除去するために、お気に入りの飲み物メニューを召し上がる回数を減らしたり、着色しにくい他の飲み物で我慢している方が残念ながら多いです。

私は紅茶が大好きなので困っていました。

そんな中で、歯を黄色くする飲み物の紅茶に、誰でも簡単に入手できるものを加えるだけで着色を抑制できるという情報を入手しました。

簡単な方法なので実践してみたら…

 

黄ばみ歯を悪化させる食べ物

歯を黄色くする食べ物には基本的に色の濃い食べ物は危険です。

めんつゆ、ソースや醤油、バルサミコ酢、カレー、ミートソース、ビーフシチューなどはお歯黒とは言いませんが、歯の着色を加速します。

また飲み物に関しては、コーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、赤ワインなどの色の濃いものは危ないです。

さらにお菓子やチョコレートやあめ玉、ガムも歯が黄ばむのを促してしまう悪循環がとまりません

 

牛乳が紅茶の着色を停止

紅茶に牛乳を加えて飲んでみて下さい。

紅茶に牛乳を入れると歯への着色の進み具合を抑えられるとは知りませんでした。

牛乳に含まれるたんぱく質の一つ、カゼインという成分が、着色原因のタンニンにまとわりつくと、歯の黄ばみを抑制するそうです。

ということは、紅茶ならミルクティーのほうが歯の美観には良いのかもしれません。

牛乳を紅茶に加えると、ホワイトニング効果のある歯磨き粉よりも明らかな効果があるとの論文もあるみたいです。

ファーストフラッシュの一番茶であっても、ミルクを入れることにちょっと抵抗があります。

どうしようか迷います。

茶渋のような汚い歯は嫌ですけど、美味しい紅茶を楽しみたいし迷います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です