マイナンバー制度で儲かる職種とビジネスチャンスの裏情報

マイナンバー制度について賛否両論や様々な情報が流布されています。

気になるマイナンバーだけあって、世間では関心が高いです。

実は、マイナンバー制度によって、一儲けすることができる職種、どんな恩恵を受けれるのか興味深いネタがあります。受けることが出来る恩恵についてのお話です。

 

マイナンバーで得する方

法改正には、様々な変化やビジネスチャンスが眠っています。

「儲け話」が気になる人にって、マイナンバーで大儲けできるメリットを知りたいはずです。

事業として一攫千金を狙っている人もいるでしょう。

まずは、士業やコンサルタントにとってはこれ以上ないビジネスチャンスだと言えるでしょう。

マイナンバー施行によって、企業はまずマイナンバーの対応をしなければなりません。

この仕事に最適なのが、士業・コンサルタントなのです。

また、マイナンバー施行によって、企業の中で社会保険未加入であることが露呈されてしま
うことが必至です。

法人は社会保険に強制加入なのに社会保険未加入がバレてしまうので、社会保険労務士などはバブル並みの驚異的な売上を伸ばせる可能性があります。

一方で、事業主でない人にとっては、どのような得ができるのでしょうか。

まずは1番最初に思いつくのが、行政の手続きが簡単になります。

役所に行って書類の不備などの理由から今日中に手続き完了できないという事態を回避できます。

いわゆる縦割り行政の弊害が激減するでしょう。

他には、年金記録も正確になります。

消えた年金問題という想定外なトラブルを避けられるはずです。

過去データの消失は修復不可能かもしれませんが、マイナンバー導入によって二度とこのようなことが起きないと、信じたいです。

ただし、マイナンバーが始まることで、マイナンバーに関連した補助や助成金は考えにくいですが、子ども手当や各種の補助制度などの申請は、シンプルになると思われます。

また、地域の助成制度を知らなければ使えませんでしたが、マイナンバーによって、自分がいま使える制度をピンポイントで通知してくれるような行政サービスを期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です