会社の成功を永続する秘密の方法と社長がやるべき秘訣とは?

社長の一つの仕事として、最重要な事項は何だと思いますか?

予想が的中できる人は大社長の素質が備わっているかもしれません。

社長が次世代以降でも会社を存続させるために、

やるべきことの一つとして「継続できる事業体を確立する」という賢明な責務になります。

この成就するために、強い組織を作り上げるのが必須になります。

また、組織にいる一人一人が日々努力して学び続けてほしいです。

この基本姿勢を継続するからこそ、会社が日々成長します。
万が一、社長のあなただけが学んで行動し続けていても壁にぶち当たります。

一人のカリスマが成果を出しても、会社はある程度のところまでしか成長することができないでしょう。

殿さまみたいな社長がたとへ有能であっても、ワンマン社長は一代だけで崩壊するかもしれません。

しかし、組織にいる各自が学びながら実践し続けることで、革命的な良い結果になりやすいです。

組織体制によって、会社が成長するスピードは、ダントツで最強になります。
マネジメントの父と絶賛されているピーター・ドラッカーの言葉を引用します。

「一人の力で成功することは絶対にない。一人の力が他の力を借りるとき、初めて事業は成功する。」

と、断言しています。

私はドラッカーの意見に賛同します。

社長1人の力量だけでは、会社の成長が止まる傾向に向かうだけです。

しかし、自分と他人の力を合わせるだけで最速最大の大きな成果を獲得しやすくなります。
あなたの事業が崩壊しないために、あなたの目的やビジョンを理解してくれる人材が必要です。

そのような右腕に値する人物を確保すると人生勝ち組に入れます。
そこで、

何世代にも事業が続くように、右腕となる人材の探し方や作り方を熟知していないと危険です。

「社長1人で何世代にわたって成功し続けるのは不可能」です。

あなたは、右腕となる誰と共に成功を手に入れたいですか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です