マタニティーマークの効果と危険な理由

普及してきて時間がたってきましたが、マタニティーマークにはどんな意味や目的を持っていてるか気になります。

マタニティマークは、妊婦であることを示し、周囲の人間たちに配慮を促すのを目的にしている印です。

妊娠初期の頃は、つわりで体調が悪いのに、外見からは妊娠であるのが不明です。

電車で優先席に座るとジロジロみられたり不自由な生活になります。

 

マタニティマークつけるメリットは何?

女性が荷物にマタニティマークを付けていると、妊娠中なんだなぁと分かるので、座席を譲る行為や気遣いの声掛けができます。

外出先で倒れても救急隊や医師にも妊娠していると判明するので、最前の対応方法を実践しやすくなります。
また、喫煙している人たちがいてもタバコの火を消して妊婦さんに対応しやすくなります。

妊婦の経験している人にとって、酷いつわりも耐えています。

マタニティーマークに関して、妊娠したのが嬉しくてつけている方々が多いと思います。

交通機関の座席を譲ってほしいとかタバコの火をスグに消して吸うのを遠慮してほしいという意味ではないです。

嫌だったら妊婦自身で気を付ければよいだけです。特別扱いを要求しているわけではないです。

世の中がこのマークに妙な意味合いを持たせるから、変な誤解を生じているのです。

母子手帳はすぐに貰えません。

妊娠初期は見た目にもわからないから、倒れたりした時に救助隊がすぐわかるためにもマタニティーマークを身につけておく方が良いと思います。

決して周りに積極的に誇示しているわけではないです。

 

マタニティマークで嫌がらせを受ける!?

最近ではマークを付けている方に対して、嫌がらせや危険行為をする人がいるという声も聞かれます。

非常に悲しいことですが、暴言を浴びせたり、暴力的な行為をする人までいるということで、自己防衛の目的でマタニティーマークをつけない選択をする妊婦さんもいるそうです。

マタニティーマークをつけているだけで危険ってどういうことでしょうか?

子供をもつ親になってわかるけど、赤ちゃんは本当に宝です。

そんな純真無垢の存在を生む母親となる女性を気遣うのは当然だと思います。

差別や嫌がらせを積極的に実行するとは悲しい現実ですね。

日本全体が将来の不安で心まで貧しくなっているのでしょうか。

妊婦に嫌がらせをしたり、誹謗中傷をする日本人は自分が幸せで無いのでしょう。

保育園で遊ぶ子供の声がうるさいと文句を言うお年寄りもいるので、若い世代だけでは無く、日本全体が大切な心を喪いつつあるのかもしれません。

妊娠中であるのをずっと隠して危険を感じながらビクビクしながら生活するだなんて、現代の妊婦さんが気の毒でかわいそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です