2016春からの花粉の最新情報!飛散量は愛知・福岡・佐賀県など他もヤバい

日本気象協会が気になるお知らせを発表しました。

ズバリ!2016年度の春からの花粉飛散量の予想発表についてです。

2016年の花粉飛散量は、前シーズンの2015年と同程度、あるいは、地域によってはそれ以上になるかもしれないそうです。

花粉症やアレルギ性鼻炎の方々にとっては恐怖の時期を迎えるので、今から最前のケアをするほうが安心です。

気象協会の予測マップを拝見すると、愛知県・福岡県・佐賀県はなんと200%という驚異的な数値です。

この3県に関しては、どうして花粉の飛散量が異常に多いのかその理由がわかりません。

同県にお住まいの人は最大限に警戒してほしいです。予測が外れるのを祈りますけど、くれぐれもご注意して下さい。

ちなみに、前シーズンと比べて花粉量が上回ると予測されているエリアは、東海地方、近畿地方、四国地方、九州地方となっています。

関東甲信越に在住しているでも安心できません。

中国大陸から黄砂や大気汚染物質などが浮遊してくるので、花粉と同様に完璧に花粉症対策をするほうが良いはずです。

万が一、花粉症の症状が出てくる場合、マスクや花粉症対策メガネは予防策としては必須です。

洗顔や目を洗うのも生活習慣の一つにしてきっちり花粉を体外から落とすように意識してください。

また、お茶を飲んでカテキンなどの作用を利用してアレルギー反応を抑えるように試みましょう。

ヨーグルトやキムチに含まれている乳酸菌はアレルギーを抑制しますので、良質な発酵食品や酵素食品を意識して食べてほしいです。

そして、花粉症の薬を花粉シーズンになる半年程前から飲むなどの対策も効果を期待できます。

花粉症に苦しむ前に、症状が発症しないようにするために特別な注射もあります。

さすがに医薬治療ですから、くしゃみや目のかゆみが驚くほどピタッと止まります。

ただし、1シーズンだけの効き目を持続だけでとてもラクなのですが、副作用が怖いです。

どうしても強い薬を投与するので、体への負担が軽いとは言えません。

むしろ医薬品の副作用にはくれぐれもご注意してください。

念のために症状を抑える薬を処方してもらう場合は、飲み始める前に副作用などを医師にきちんと相談して確認するほうが安全安心できると思います。

私はかかりつけ医に相談して分量を自分仕様に調整して活用しているので、吐き気やめまいなどの副作用を感じません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です