日本人は世界一セックスレス?原因と理由を徹底検証

なぜ日本人は世界一“セックスレス”と言れるのでしょうか?

“日本は世界一のセックスレスな国家”というような内容を時折みかけます。

統計調査によるデータなのかどのような理由や方法でそのような結論を導き出したのかわかりません。

しかし、外国人から日本人をみるとセックスに消極的だというイメージが先行しているようです。

外国人は、「日本人は勤勉やワークホリックだから疲労と時間がなさすぎる」

「住宅が狭すぎるから」など様々な意見交換をしていますけど、実際の理由はどこか違うような気がします。

日本では、アダルト動画や風俗街が横行しているし、性に対してむしろ積極的な国民性だと思われます。

したがって、世界一の“レス”だと言われる原因はさらに深い理由が隠されていると思われるので検証します。

 

性欲が低い日本人って本当?

日本人だから生理学的に性欲が低下していると理論は存在しません。

そもそも、短期間のストレスが原因で性欲が低下してしまうのは事実です。

しかし、欧米人だって日本人以外のアジア人だってそれに該当するはずです。日本人だけに限定できません。

セックスレスというのは、もともとエッチをする相手が配偶者やパートナーでありながら性行為が何かしらの理由のためできない状態を指します。

つまり、パートナーとエッチのコミュニケーションがとれていないことが問題なのであって、性欲がないという問題とは全く違います。

 

“レス”になる最も大きな原因は?

セックスレスになる最も大きな原因は、パートナーとの間に“ズレ”があること

ラブラブのカップルなら、体で愛情を確認しあうのは当然のはずです。

それなのにHができない、Hをしない本当の理由は、どこかお互いの間に認識の“かけ違い”が生まれてしまっているのかもしれません。

それは恥じらいなのか内気さから、本心はやりたいのに“Hしたい”という心の解放を閉じ込めているのかもしれません。

また、恋人同士やカップルあるいは夫婦でも継続して時間を共有している間に積極的に体のコミュニケーションが少なくなっても普通だという考えが日本人に潜在しているのかもしれません。

セックスレスになっても二人の関係に支障がなくて、安泰ならば問題はないと思う人もいるでしょう。

でもそれは本当は諦め、失望、浮気や不倫の相手を求めて性欲を処理する起因になりやすいのも事実です。

やはりカップルとして放置しているのは大問題になる前に解決しておくほうが安心です。

やはり、パートナーにはいちばん素直に、正直に、自分の気持ちを伝えることが大切です。

結論として、二人のコミュニケーションの問題なのだと認識するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です