究極的にダサい男性ファッションのランキング暴露

最近はインスタグラムで日々のコーディネートを紹介する男性も増え、男性の間でもファッションが今まで以上に注目されているようです。
しかし、そんな男性に人気のファッションの中にも、女性には「センスない」「時代遅れ」と思われているものもあるよう。

そこで、女性がダサいと思っている男性のファッションについて探ってみました。

■実は「ダサい」男性ファッション

1位:龍などのジャンパー(スカジャン)
2位:ゴツゴツのシルバーアクセサリー
3位:プロデューサー巻き

1位は「龍が登っているジャンパー」です。

いわゆる“スカジャン”が理解できないという女性が多いようです。

スカジャンは、元々外国人の日本土産のためのものです。

横須賀という場所柄立派な体格の外人を想定しているから、日本人が着るとダサくなるのかもしれません。

そもそも、スカジャンはださい感じをファッションにしているとも思えます。

光沢のある素材のジャンパーに、後ろには龍や虎などの刺繍がほどこされているジャンパーを見て「コワイ」「カッコイイとは思えない」という人が多いのは理解できます。

アウトローな雰囲気のファッションより、爽やかな方が女性ウケは良いようです。
2位は「デカいシルバーアクセサリー」です。

大き目のゴツゴツしたシルバーアクセサリーを重ね付けしている男性は少なくありません。

オシャレに気をつかっている男性のようにも受け取れますが実は女性人気は低いようです。

「ジャラジャラつけている人は無理して頑張っている雰囲気がダサい」といった意見もあります。
3位は《プロデューサー巻き》でした。

石田純一や中尾彬といった俳優たちをイメージしてしまうファッションですよね。

上位のコワモテファッションとは趣向が違って、爽やかなイメージが先行されているのは勘違いだったようです。

女性の間でも人気のこのファッション、男性がすると違和感を感じるという人が多いようです。

プロディーサー巻きは、バブル時代に流行って、その後コントに使われ恥ずかしいファッションとなった時期があった為、抵抗感があります。

女性からは「胡散臭く見える」といった厳しい意見が多いです。

いずれにせよ、スカジャンもプロデューサー巻きも似合う人が着こなしたり、やれば、絵になるでしょう。

しかし、上手く着こなせない人が同じファッションで通しても、ダサいと言われたり、キモいと言われても仕方ないのかもしれません。

また、他にもいろいろあります。

よくヤンキー中学生男子が着てる、安もん臭いラインストーンのスカルとかが付いたTシャツと、不細工な白パンもダサいです。

腰パンもあれだけダサいもんはないと思います。

とはいっても、

理解できない流行りもたくさんあります。

最終的に本人が気に入っていれば、それで良いのでは。

流行とかみんなが着ているからとか関係なく自分に似合っているのが一番よいとおもいます。

「モテたい」を基準に服を選んでいる人ばかりではありません。

異性ウケより個人的な趣味で服を着たいという人もいるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です