医師教える禁煙方法や禁煙外来の真実とは

喫煙の悪影響!?

喫煙は全身の臓器の機能を低下させたり、ガン細胞を増殖してしまう問題があると立証されています。

内臓器官の中でも最も悪影響をうけてしまう臓器は肺になります。

タバコを吸い続けると肺の細胞への負担が増して肺活量の低下や、時間が経過するにつれて癌にかかる可能性が高くなることは証明されています。

ただし、個人差があるのは周知の事実なので、一概に煙草を吸う回数だけが問題になるとは断言できません。

非常なほど多くの喫煙している人であっても、大病を患うことなくて生存している事例も多いです。

その反対で少量の喫煙であっても死亡原因になるほど大きな影響を引き起こす可能性もあります。

また、喫煙と体力が落ちる関係では、個人差が多いのが事実です。

同じ喫煙量でも影響を強く受ける場合と、何もない人もいます。

喫煙によって肺組織への悪影響で肺活量が低下したり、将来の癌化に大きな影響を及ぼすことは証明されています。

ただ先ほども述べましたように個人差があるので、一慨に線引きできないのが事実です。

一般的に一日の喫煙本数×喫煙年数で計算される数値をBrinkman指数(ブリンクマン指数)というのをご存知ですか?

値が400を越えると、癌の発生リスクが高くなるのを覚えておいてください。

医療現場ではガン発生リスクの一つの目安として使用されているので使われています。

 

禁煙外来

呼吸器内科の「禁煙外来」を活用するのをおススメします。

スムーズに禁煙しやすくなるために効果を期待できる医療行為や良薬があります。

まずは専門医による医療相談をうけるのが賢明だと思われます。

また処方箋があれば、薬局でニコチンパッチを購入できますので利用してみて様子をみるのも良いかもしれません。

ただしニコチンパッチの効果は分かりにくい場合もあります。

結論から申し上げると、病院の禁煙外来に通院するのが最も良いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です