太らない炭水化物の食べ方を徹底解説

夏のダイエットが成功した方でも油断しているとスグに太る可能性があります。

特に秋は食欲の秋ですから食べ物が美味しくなので、無意識で食べ過ぎてはいませんか?

前日に食べ過ぎたのを理由に、今日は炭水化物を抜こうとするのは全く意味がないです。

不規則な食生活をし続けると、逆効果なので太りやすい体質になりやすいです。

また同時に肌トラブルの肌荒れがひどくなりやすくて美容にも悪影響を及ぼす可能性が高いです。

でも実は、炭水化物を食べても太らない食事方法があるのを知らないのはもったいないです。

そこで今回は、ダイエット効果が高まる米類の食べ方を紹介します。

 

炭水化物ダイエットは厳禁

炭水化物を抜くのは危険です。

炭水化物はダイエットの敵とばかりに敬遠されがちですが、体には必要な栄養素です。

摂取しすぎると中性脂肪に変えられて体内に貯蓄されやすくなります。

炭水化物が分解されると糖質になって、脳の唯一の栄養素です。

極端に減らすのはカラダにとって危険行為と警鐘が鳴らされています。

そのため炭水化物を抜くのではなく、太りにくい食べ方をマスターしてほしいです。

 

冷えた白米は脂肪燃焼

冷めたお米でダイエット効果アップします。

お米なら太りにくいから大丈夫と言われても、食べるならダイエット効果が高い方法を実践するほうが良いです。

温かいご飯ではなく、冷めたご飯やおにぎりを食べるほうが断然ダイエット効果が期待できます。

お米が冷めると発生する“レジスタントスターチ”という成分が、食物繊維と同様の働きをするので、胃や小腸で消化されないためによりダイエットに向いているといわれています。

デンプンなのに、エネルギーになりにくいので、お米を食べながらもより効果的にダイエットしたい人は、冷えたおにぎりを意識してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です