休日充実&遅刻防止!即日使える「二度寝」予防方法

毎日忙しく働いているサラリーマンやOLにとって、休日にはのんびりしたくなるでしょう。

誰でもが人生に一度は「二度寝」の誘惑に戦々恐々としながらバトルした経験があるかもしれません。

二度寝は病みつきになるほど気持ち良い反面、実は健康被害になりやすい可能性があるのを知らない方々は多いです。

実は、二度寝は生体時計を微妙にズラしてしまってうつ病に似た症状やブルーマンデーを招く原因の一つです。

この悪習慣が生活習慣として定着してしまうと非常に厄介です。

二度寝の誘惑を断ち切って、貴重な休日時間を有効活用するための裏技テクニックを解説します。

また、平日の勤務日ならば二度寝によって遅刻したくない方々にも大いに役立つ裏ワザ情報です。

 

足指じゃんけん

足指を動かすことで血行促進させましょう。

足の指でグー・チョキ・パーを小刻みにペース配分は自由ですけどゆっくり実践してみてください。

足指じゃんけんをゆっくり行うだけで、下半身の血液が流れて抹消から全身に血液循環が促されます。

体温上昇しながら、脳にスイッチが入って体が目覚める段階にシフトチェンジしてきます。

また、足指の他に、足首を曲げたり伸ばしたり伸縮する運動も有効です。

手をグー・チョキ・パー運動も併用すると体内から温まってくるので、起床するスイッチがオンになりやすくなります。

 

耳もみマッサージ

耳たぶや耳全体のは多くのツボが集中しています。

ここを刺激することによって大脳や視野が広がってすっきり爽快な気分になれます。

つまり、ベッドから起き上がるスムーズに爽やかな目覚めにつながります。

耳たぶをモミモミマッサージすると痛いかもしれません。

押したり、引っ張ったりして痛みを感じるときは念入りに施術してみてください。

ゴリゴリしこりがあるならば、内臓が弱っているかもしれません。

爪で押すと皮膚を傷つけるかもしれないので、爪楊枝を使うのがおススメです。

様々なやり方を考案して刺激を与えるととても効果的です。

しわやたるみを解消できるだけではくて、自律神経のバランスを整えることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です