夫源病の解決策!夫への不満を我慢し続けると早死って本当?

夫のなにげない言動や存在に対する不平・不満によるストレスが蓄積すると想像以上に健康被害になります。

実は、更年期障害のような危険な症状に苦しむ可能性があって、“夫源病”という名前があります。

不本意ながら、予想できないうちに体のあちこちに電流のような激痛が走ったり、動悸やめまいや吐き気、不眠や頭痛が定期的に起ったりします。

たとえ薬物治療で症状を抑制しても、病気の原因の“ストレス”を徹底的に解消しない限り完治できません。

具体的な対策や改善方法が気になります。

自助努力で夫源病を治す方法を様々な角度から検証したいと思います。

 

愚痴や不満をぶちまける

女性は本音を内包し続けると心神喪失になりやすいのでご注意してください。

たとえ仲良し夫婦でも長期間も一緒に生活していると不平不満泣き言を吐露したくなるものです。

「嫌いなしぐさや癖などが目に留まるけど、すべてを受け入れてしまう」くらいの心構えが大切です。

最悪なのは、夫に対する不満を我慢し続けて無言のままの状態を維持する行為です。

おしゃべりな女性は共有しあえる女友達を早急に作ってください。

愚痴や不満を吐き捨てられる同性の友達の存在は重要です。

 

夫への要求

夫に対してのイライラしていませんか?

イライラしている側が存するだけです。

夫に言葉使いや行動を改善してもらいたいときは、怒りをぶつけても意味がないです。

頭ごなしに怒っても夫から反撃されるだけであなたが神経過敏になるだけです。

こんな時は、いったん落ち着いて深呼吸しんがら、夫に対して気遣いを示しながら伝達しましょう。

「あなたもお仕事が大変で疲れているよね。」など良い気分にさせてあげるだけで大丈夫です。

嘘でもいいから旦那を立てる方向性でおだてるだけで構いません。

 

プチ口げんかは良薬!?

ホルモン治療や抗うつ剤より効果あるのが、口喧嘩です。

要するに夫婦関係の不満をお互いにぶつけるのが重要です。

口げんかをしてお互いの不満を理解し合うことで両者ともに症状が軽快していきます。

日常生活から本音をぶつけあえる夫婦関係ならば、夫源病になりにくい性格だと思ってください。

夫婦喧嘩を無理やり避けようとして無理したり意思疎通ができなくなると、心身ともに疲労困憊しながらストレス過剰になりやすいです。

口ケンカは有効なコミュニケーションの一つだととらえて、本音を気軽に伝達しあえる夫婦間のルールを作るのをおススメします。
“ケンカの多い夫婦は、少ない夫婦より長生きする”という都市伝説はまんざら嘘ではないようです。

家庭内のストレスを激減できる手段の一つですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です